ブログのアクセスを増やしたいかー!!

アクセスをアップさせたくてウズウズしているTSUNJI(@tsunji1983)です。

「あのブログはなぜそんなにアクセスが集まっているのか!?自分ももっとたくさんの人にブログを見て欲しい!」ブログを運営している人なら、誰もがアクセスを集めたい!と思いますよね。

参考記事を読むときに重要なのは 「どこを参考にしたいと思ったのか」 をちゃんと意識することです。今回は、アクセスアップに関する数多くの良記事の中で、僕自身が 「取り入れてみたい!」 と思った記事とその該当箇所をピックアップします。

ユーザーに対する考え方について

たった一人の再訪問者を増やすことが重要

私の経験から感じた事を書き記します。全てが全てその時々で、正しいとは限りませんが、一つの指針としてお使いください。因みに全部リスト化すると230くらいありましたが、それはきっとセミナーとかでやるかなぁと。…

PVを増やそう!と思った時、ついつい検索エンジンやSNSからの「新規ユーザー」を脳裏に思い浮かべがちじゃないですか?

しかし、新しい人を誘導する以上に、 いま来てくれている人を満足させる真摯さ・丁寧さ が重要です。あなたのブログは再訪問者を増やす50の方法のうち、いくつできていますか?(当ブログは24個だったので今後もっと努力します)

 

ブログを回遊してもらえるサイト構成にしよう

https://junichi-manga.com/learn-from-game-site/

せっかく1人のユーザーをブログに誘導することに成功したのなら、そのユーザーが『もう1ページ』見てくれるように考えてみませんか?なんとなく「人気記事」や「関連記事」を載せている人、ちゃんと目的意識を持ってコンテンツの配置を工夫して、1人あたりのPV数アップを目指しましょう。

 

ブログは中学生1年生でも分かる分かりやすい言葉で書こう

https://junichi-manga.com/blog-beginner-promise/

初心者に向けて、使い方を説明する記事の文言が専門用語であふれていて分かりにくい、なんてことになったら目も当てられません。分からないことがあって情報を探しているのだから、中学生でも分かるくらいにユーザーフレンドリーな記事を書くように心がけましょう。

 

一人の友人に書くように

みなさん、ブログを運営していてアクセスが少なくて悩んでいたりしませんか?理由がわからないまま悩む必要はありません。きちっとした方程式に当てはめれば運営しているブログの…

ユーザーを想定して記事を書けていますか?と言われても、なかなか難しいですよね?でも自分の友達ならどうでしょうか?あいつこんなこと困ってたな~とかいつもここ覚えてなくてまた聞いてくるんだよとか、自分の知ってる誰かを思い浮かべて、その人に説明するつもりで書けば、なんとなくイメージが湧いてきませんか?

 

ユーザーを5段階に分けて、集客方法を考える

このブログをはじめて、はやくも1年が経ちました。記事の更新は月数件で、毎日仕事と遊びに追われている毎日ですが、最近になって劇的な変化が訪れました。「Twitterのリツイート」「Facebookでのシェア」「はてなブックマークへの掲載」「有名ブログでの記事紹介」が当たり前のようになったのです。こんな自分でも、人並み以上のブログ運営方法を身につけたので、今日はアクセスアップのためのブログ運用術と運営方法を紹介します。

ひとまとめにユーザー言っても、その中には様々な属性の人がいます。自分のブログを知らない人からファンになってくれた人まで、それぞれの段階に分けて集客方法を考えることで、戦略的なブログ運営を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

ブログ運営に関する考え方について

日記を「半永久的に使える情報」に転換

SEOに強いブログにして、ブログの検索順位を上げるには高品質なコンテンツを書いていくことが必須です。今回はそんなコンテンツを書くために知っておくべき5つの本質について紹介します。

たとえば日記を書く際も、単なる日記としてではなく、情報を掘り下げて、追加の情報や経験を盛り込むことで、その日記は「役立つ情報」へと進化します。ちょっと視点を変えるだけでアクセスに繋がるのなら、やらないと損ですよね。

 

体験談が最強

http://gagaakito.com/blog-memo/

自分が調べて解決したことや体験したことは、必ずオリジナルの記事になります。そして同じような悩みを抱えた人にとって 問題を解決する有益な情報 となるのです。作成するネタに困ったら、自分の体験をどんどん記事にしてみましょう。

 

なぜ私はこの記事を最後まで読んだのか意識する

ブログを始めたばかりのころはテンションも高く、輝かしい未来を思い描いて熱中していた。けれど運営期間とPV数やユーザーの反応が比例せず、そのテンションもだだ下がり。 だんだんブログがつまらないものに感じてしまい、自然とフェ &

自分が人のブログを読んだ時に、『なぜこのブログを読んだのか?面白いと思ったのか?』といったことを意識すると、同じ記事を読んでも捉え方が変わってきます。ただ読むのでは無く、『学ぶ』姿勢でネットサーフィンをしてみましょう。

 

ブログの魅力はその人の魅力

取り繕った記事を書いてもきっとユーザーさんにはバレます。だから正直に&真摯に記事を書いていくべきです。そして、もしそんな自分の記事を好きになってくれる人がいれば、その人はずっと自分のブログを訪れてくれるはずです。

 

ターゲットユーザーとブログタイプで必要な更新頻度は変わる

みなさん、ブログ書いてますか?どれくらいの頻度で更新していますか?もしくはみなさんの読んでいるブログは週に何回くらい更新されていますか?「毎日」「週に数回」「週に1回、あるかないか」&などなどそのブログによって違ってくる [&]

「質」と「量」。これはブロガーにとっての永遠のテーマですよね。理想をいえば毎日、質の高い記事を更新したい。でも今の自分にはそんな執筆スピードが無い。そんなときに重要なのは、 「自分なりにユーザーのことを考えて、必要だと思う内容を盛り込んだ記事を書く」ということ。そして記事を作成したあとは、ちゃんと思った通りに伝わっているかを検証し続ける姿勢が大切なんです。

 

スポンサーリンク

SEOやキーワード選定について

「SEOに強い記事」は訪問者にアクションを起こさせる

  SEOに強い記事は書けていますか?   このブログはお陰様で先月で 23 万PV(セッ&

これまで、 「SEOに強い=検索エンジンに好かれる」 ということだと思っていました。しかし、検索エンジンの役割は 「ユーザーに満足してもらうこと」 。ということは、 「検索エンジンを意識しながら記事を書く=困りごと(質問)を意識してそれに対する答えを提示する」 という姿勢が重要になりますね。

 

カテゴリを構造を最適化しよう

6月に入ったあたりから「ブログのPVが半分以下になった!」「今まで検索上位にあった記事がガクンと落ち …

雑多ブログを書いていると、特化ブログをやってみたいと思うことはありませんか?けどちょっと待って!本当に複数のブログを運営するだけのパワーは有りますか?分からない!という人は、まず1つのブログで「カテゴリを分ける」ことから始めてみましょう。

しっかりと記事を書くことができて、それが多くのユーザーに受け入れられることを確認してからでも、別ブログの作成は遅くはないですよ。

 

キーワードポートフォリオを作ってみよう

ログだけではなく、コーポレートサイトやECサイトの作成にも共通。私がブログ作成前に行っていたリサーチやプランニングの7つの手順に重点をおいて、全部で32の手順。

あなたはどんなキーワードで検索した人にブログを訪れて欲しいですか?カテゴリごとに、なんとなくでも決めておくことで、じゃあどのカテゴリの記事を増やそう、とか、派生キーワードはどんなものがあるかな?と考える指針になります。

でも自分のブログは雑多ブログだから難しいって?そんなことはありません。例えば『ワードプレス』と『WordPress』ならどちらが検索数はどちらが多いだろう、と調べて、多い方で記事内のキーワードを統一する、というところからでも始めてみませんか?

 

画像を最適化しよう

画像の挿入はするけど、代替テキストの設定とかついつい忘れてしまいませんか?小さなことからコツコツと、丁寧に記事を作ってみましょう。

 

PDCAを回す

ジェネジェネにて作成 2015年3月のブログアクセス数が月間50万PVを達成しました。ちょっとできすぎてこわいのですが、SEOを意識してやってきたことがあるので、その辺を軸に書いていきますね。ブロガー

記事を書くだけで終わらせるのはもったいない!こんなユーザーが来てくれたら良いな~と設計ながら記事を書き、そのとおりにアクセスが有るかちゃんとチェックする。うまく行った部分は他の記事にも導入すれば良いし、ダメだったところはテキスト量やキーワードを調整してみる。

地道ですが、検索エンジンからの流入アップを目指すなら、最も重要でかつ最も結果が目に見えやすい(経験を積みやすい)のは、過去記事を大切にする運営でしょう。

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

アクセスアップに定番の方法はあっても、自分のブログの正解は自分で探しださなければなりません。

せっかく参考記事を読むのなら、「どこが響いたのか」をちゃんと残しましょう。自分のブログに書けば、履歴にもなるし記事も増えるし一石二鳥ですよね。

そして実際に参考記事をもとに、自分のブログを育ててみましょう。結果がどうであれ、「上手く行ったよ!」とか「自分のブログには合わなかったよ…」といった結果も公開すれば、さらに記事も増えて一石三鳥ですよ!!

ぜひ、自分の好みのブログを探してみてくださいね。