WordPressでブログを始めようと思ったけど、テーマがいっぱい有りすぎて選べない!

「さあ!WordPressでブログを始めるぞ!」と意気込んで、「WordPress テーマ おすすめ」とかで調べてみたものの、たくさんありすぎて「結局どれが良いの!?」と思うことってありますよね。

今回は、これからWordPressでブログを始めたい初心者向けに、下記の5つのテーマ+α(妻選出の2テーマ)をじっくり比較して、最もおすすめできるテーマはどれかを考えてみたいと思います。

【比較したテーマ】

  • Affinger
  • Gush2
  • Simplicity
  • Stinger5
  • Stinger5-Cheetah(妻の押しテーマ)
  • Xeory base
  • Xeory Extension(妻の押しテーマ)
前後編に分けました

ごめんなさい。アツい想いのままに書きまくったら、2万字を超えてしまったので前編・後編に分けました(汗)

本記事は前編として、各テーマのスピード面に焦点をあてて比較しています。

WordPressの管理画面でできるテーマのカスタマイズや、記事作成画面の使いやすさについては以下の後編をご確認ください。

 

 

比較することになった経緯

なぜ、今回のようなWordPressテーマの比較記事を書こうと思ったかというと、「僕自身が迷って決めれなかった」からです。

「WordPress テーマ おすすめ」と検索して表示されるテーマは、どれもすごく使いやすそうですし、作者様もユーザーからの質問や要望に丁寧に対応されておられます。

毎晩のように、いろんなレビュー記事を見に行っては、気がつくとネットサーフィンで一日が終わってしまい、あっというまに2週間……。「おすすめ」なのは分かったけど、だったら「何が違うの?」とモヤモヤしっぱなしでした。

このままではいつまでたってもブログを始めることすらできません。だったら、できるだけ客観的な数値でそれぞれのテーマを比較してみよう、と決心したわけです。

 

Sponsored link

比較の条件

それぞれのテーマについて、同じ条件での比較を実現するため、以下の3つのルールを決めました。

ちなみに、WordPressを動かすレンタルサーバーについても、しっかりと比較したうえで決めました。詳細は以下の記事をご確認ください。

 

1.それぞれのテーマごとにサブドメインを作成しWordPressをインストール

1つのWordPressの中でテーマを切り替えながら比較するのではなく、それぞれのテーマごとにサブドメインを作ったうえでWordPressをインストールしました。

その理由は、1つにWordPressにたくさんのテーマを入れることで、動作がおそくなってしまうのではないか?という不安に加え、できるだけ普通にブログを運営している場合と同じ状況を作りたかったからです。

 

2.テーマのインストール以外、ほとんど手を加えない

なんらかのプラグインを利用した場合、テーマとの相性で測定値が変わる可能性があったため、WordPressで変更したのは「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れたのみです。

 

3.記事は1,000文字の記事を10個。アイキャッチ画像は共通。

こちらもできるだけブログを運営しているのとおなじ状況を作りたかったので、1記事=1,000文字のテスト記事を10本登録。アイキャッチ用の画像もまったく同じ写真を10枚、同じ順番で追加しました。

初心者が、なんとなく記事を作成した場合を想定して、特にaltやtitleは入れていません。また、画像の最適化(軽量化)も行っていません。

 

Sponsored link

比較する無料WordPressテーマの概要

Affinger

compare-theme-speed-01

公式:「お金を稼ぐ」に特化したブログテーマ – AFFINGER

作者は後述のStingerと同じく、『おすすめ情報ブログ ENJILOG(エンジログ)』を運営しておられるENJIさん(@ENJILOG)。

アフィリエイト、なかでも『A8.net』や『Affiliate B』のようなASPと呼ばれるサービスと連携したブログの作成に特化しており、おすすめのランキング(1位~3位)などがあっという間に作成できます。

 

Gush2

compare-theme-speed-02

公式:WordPress無料テーマGush2-ブログがきっと楽しくなる!

作者は『初心者ブロガー指南:Naifix』を運営しておられるエローラさん(@uszero800)。

上記のテーマ公式サイトでも「カスタマイズ前提のテーマ」と記載があるとおり、テーマのファイル構成が非常にシンプルで分かりやすく、これを使いながらカスタマイズの勉強すればいんじゃね!?ってくらい優しい作りになっています。

 

Simplicity

compare-theme-speed-03

公式:Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料WordPressテーマ

作者は『寝ログ | 寝ながら出来るコトや使えるモノ』などを運営しておられるわいひらさん(@MrYhira)。

「無料 WordPress テーマ SEO」とGoogleで検索すると1位に表示されるように、徹底的にSEOに心を配ったテーマです。

しかも、独自の質問掲示板を運営しておられるので、ユーザーの声を反映したテーマのバージョンアップがめちゃくちゃ早い!デフォルトで実装されている機能も非常に豊富です。

 

Stinger5

compare-theme-speed-04

公式:STINGER5 – WordPressのはじめ方や使い方

作者はAffingerと同じく、ENJIさん(@ENJILOG)。

非常に多くの方に愛用されているため、多数のカスタマイズ事例があります。

また、ENJIさんの「利用による幸せは次の人へ繋いでください」という心優しいお言葉のもと、後述のStinger5-Cheetahのような派生テーマや、SIMPLE STER男ブラックなどの子テーマが続々と開発されています。

 

Stinger5-Cheetah

compare-theme-speed-05

公式:WordPressテーマ【Stinger5-Cheetah】ダウンロードページ

作者は『ブログマーケッターJUNICHI | ブログ中心のWEBマーケティングのほんまの情報が学べるサイト』を運営しておられる松原 潤一さん(@Junichi_Santa)。

ご自身のWebマーケティングの経験をふんだんに盛り込んで作られたStinger5の派生テーマ。

細かいことかもしれませんが、PC用とスマホ用で別々のフッターを作ることができるのが、非常にありがたいテーマです。

いろんなテーマで悩んでいる中で、Webとは無縁の仕事をしている妻に候補を見せていたところ、たまたま開いていたStinger5-cheetahのページを見つけ、「これはダメなん?」と聞かれたので、候補の1つに加わる事になりました。

 

Xeory Base

compare-theme-speed-06

公式:Xeory-無料WordPressテーマ-

作者はコンテンツマーケティングのブログの代名詞、『バズ部』さん。

キャッチの「バズ部の運営ノウハウをもとに完成させたコンテンツマーケティングのためのWordPressテーマ」という言葉を見るだけでワクワクしますよね。

コンテンツマーケティング成功事例」のような、数値データも惜しげも無く公開されており、非常に安心感を持って利用をできるテーマです。

 

Xeory Extension

compare-theme-speed-07

公式:Xeory-無料WordPressテーマ-

こちらの作者も同じく『バズ部』さん。

Xeory Baseがブログ型のテーマであるのに対し、Xeory Extensionは企業サイトを構築するためのテーマになります。

こちらも、Stinger5-Cheetahと同様、上記のXeory Baseってのが、すごいテーマでね~みたいなことを妻に話していたところ、「こっちのほうが良い」との意見をもらい、「これブログ用とちゃうねんで?」という意見が却下されたため、候補の1つに滑り込みました(笑)

 

比較するサービスについて

今回の記事では、計7つのテーマを客観的な数字で比較したいので、以下の4つのサービスを利用してみました。

1.PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

Googleが提供している、Webサイトのコンテンツを解析し、ページ速度やHTML構造についてチェック&改善点を提示してくれるWebサービスです。

やはり、検索エンジンからの流入を目指すためには、まずはGoogleでの最適化に照準を合わせて、間違いは無いでしょう。

点数が高い順に『緑』『黄』『赤』と色分けして表示してくれます。

今回の比較では、できるだけ公平性を保つために『サーバーの応答時間を短縮する』という項目で指摘を受けないように、早朝等、時間を調整して計測しました。

 

2.GTmetrix

GTmetrix

こちらもブログのスピードチェックができるWebサービスとして有名ですね。

Google&Yahooでのサイト評価に加えて、「ロード時間」「ページサイズ」「画像等のサーバーへのリクエスト回数」も表示してくれます。

評価は高い順にA(90%以上)→B(80%以上)→C(70%)→D(60%以上)と続きます。

PageSpeed Insightsに比べて、どこにどれだけの時間がかかったのかを詳細に提示してくれるので、ちゃんと分析すれば、改善点をしっかり見つけることができます。

 

3.Web担当者Forum版 ページ速度分析ツール

【これは便利】あなたのWebサイト表示のどこが遅いかを一発で調べるブックマークレット | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum

上記の2つがWebサービスなのに対し、こちらは「ブックマークレット」と呼ばれるツールになります。

公式ページに掲載されているリンクをブックマークしておくことによって、速度を測りたいページでブックマークレットをクリックすると、表示にかかった時間を教えてくれます。

Pagespeed InsightやGTmetrixに比べて、ブラウザでページを開いてから全てのコンテンツの表示が完了するまでにかかった時間がきっちり表示され、体感時間にも近いように感じました。

今回の比較では、Google Chromeを利用し、キャッシュの削除→シークレットウインドウでURLを直打ち→計測、と出来る限り初回のアクセスに近い状況を作って計測してみました。

 

4.(番外編)Another HTML

スピードテストとは若干毛色が異なりますが、「もし表示速度が全く同じだった場合にどこで数値的な差を出すか」という観点から、追加で計測してみたWebサービスです。

HTMLの構文がどれだけ正しく記載されているかについて、100点満点からの減点方式で計測してくれます。

エラーについては、0~9で重要度(減点の数字では無い)が示されるため、致命的と言われる9から順番に対策を打つことで、サイトを改善していくことができます。

 

PageSpeed Insights の測定結果

まずは、検索エンジンであるGoogleの指標を大事にすべく、Pagespeed Insightの数値から比較してみます。

Affinger

compare-theme-speed-08

  • モバイル:58点
  • パソコン:64点

モバイルは少し点数が低めですが、さっそくパソコンで『黄』表示がでました!

まずはこの点数を基準に他テーマを見ていきましょう。

 

Gush2

compare-theme-speed-09

  • モバイル:64点
  • パソコン:76点

速さに定評のあるGush2。さすがの結果です。

特にパソコンはもうすぐ「緑」に届こうかという76点

 

Simplicity

compare-theme-speed-10

  • モバイル:58点
  • パソコン:67点

モバイルはAffingerと同じ58点。

パソコンはAffingerより若干高いものの、Gush2には届かず…

 

Stinger5

compare-theme-speed-11

  • モバイル:57点
  • パソコン:77点

さあ、いよいよパソコンで77点が出ました!

しかしモバイルがこれまでの4つのテーマの中では一番低い57点に…。な、なぜ・・・(-_-;)

Stinger5系はモバイルの点数が伸び悩むのでしょうか?

今度、別でStinger5系のテーマ(派生テーマや子テーマ)で検証してみるのも面白そうですね~

 

Stinger5-Cheetah

compare-theme-speed-12

  • モバイル:65点
  • パソコン:77点

5つ目のテーマにして初めて、両方とも『黄』表示の65点と77点!

Junichiさん、ごめんなさい。

正直、Stinger5-Cheetahがここまで数値を伸ばすと思って無かった!

ノーマークからTOPに食い込んだStinger5-Cheetah、このまま1位の座を守り切れるか!?

 

Xeory base

compare-theme-speed-13

  • モバイル:61点
  • パソコン:72点

シンプルな見た目にもかかわらず、以外と伸び悩みました…

こちらもパソコンは『黄』表示ですが、モバイルがいま一歩足りず。

 

Xeory Extension

compare-theme-speed-14

  • モバイル:55点
  • パソコン:62点

カスタマイズが前提のXeory Extensionは予想通りの数値。

(というかそもそも記事10個の投稿以前に、ちゃんとTOP画像とかのカスタマイズをしないと、ファストビューが緑一色ですしね…(-_-;))

 

PageSpeed Insights の結果まとめ

テーマモバイルパソコン
Affinger5867
Gush26476
Simplicity5867
Stinger55777
Stinger5-Cheetah6577
Xeory base6172
Xeory Extension5562

PageSpeed Insights で1位を取ったのは、なんと『Stinger5-Cheetah』。

正直、この結果は予想外…。

普段、よく松原さんのブログを見ていることと、たまたまデモサイトを見かけた妻が「これ好き!」なんて言ったことから、ついでのつもりで数値計測したら、他テーマを抑える結果を叩き出しました。

 

GTmetrix の測定結果

続けて、GTmatrixの結果を見ていきましょう。

Affinger

compare-theme-speed-15

  • Page Speed:C 79%
  • Yslow     :C 71%
  • Load Time :3.3s

1つ目のテーマから早々に、Google(PageSpeed)がもうすぐBに届きそうな79%!

Load Timeは3秒台前半と、やや平均的な感じです。

 

Gush2

compare-theme-speed-16

  • Page Speed:C 78%
  • Yslow     :C 78%
  • Load Time :2.5s

続けてGush2の結果ですが、こちらも軒並み高い!Google、YahooともにBに届きそうです。

しかもLoadTimeは2秒台!

 

Simplicity

compare-theme-speed-17

  • Page Speed:D 66%
  • Yslow     :C 75%
  • Load Time :3.5s

Simplicityの数値がなかなか伸びてくれません。。。

本当に、ほんとーーーーに、細やかな工夫が満載で、制作知識が無くてもまったく問題ない素晴らしいテーマなんですがね……

テーマファイルが細分化されすぎると、呼び出しに時間がかかったりとかするんでしょうか?(-_-;)

 

Stinger5

compare-theme-speed-18

  • Page Speed:B 89%
  • Yslow     :C 72%
  • Load Time :3.0s

やっと出ましたB評価!!

しかもA評価に限りなく近い89%!!

Yahooの方は若干低めですが、Load Timeも3秒ジャストとまずまずの結果ですね!

 

Stinger5-Cheetah

compare-theme-speed-19

  • Page Speed:D 66%
  • Yslow     :C 76%
  • Load Time :2.3s

PageSpeed Insightでは最高得点だったはずなのになぜ!!?

いまのところPageSpeedの評価はStinger5の89%、YslowはGush2の78%が最高得点ですね~

・・・

・・

ん?

Load Timeが2.3秒だと!?

評価自体はそこまで高く無いのに、表示速度できっちり結果を出してきます。

 

あれ?

もしかして、Stinger5-Cheetahって、実はすごいテーマなの??

 

Xeory base

compare-theme-speed-20

  • Page Speed:C 74%
  • Yslow     :C 78%
  • Load Time :2.7s

ここにきて再度、Yslowで78%が登場!

意外と頑張ったXeory Base。

Load Timeも3秒を切ってきましたよ!

 

Xeory Extension

compare-theme-speed-21

  • Page Speed:D 68%
  • Yslow     :C 76%
  • Load Time :2.9s

Xeory Extensionもそれぞれで1位は取れなかったものの、善戦しましたね!

(平均的、とも言いますが…)

 

GTmetrix の測定結果まとめ

テーマPageSpeedYslowLoad Time
AffingerC 79%C 71%3.3s
Gush2C 78%C 78%2.5s
SimplicityD 66%C 75%3.5s
Stinger5B 89%C 72%3.0s
Stinger5-CheetahD 66%C 76%2.3s
Xeory baseC 74%C 78%2.7s
Xeory ExtensionD 68%C 76%2.9s

PageSpeed Insightと比べ、見事に結果がバラけてしまいました(-_-;)

Google(PageSpeed)はStinger5が圧倒的で89%

Yahoo(Yslow)はGush2とXeory Baseが仲良く78%

LoadTimeはStinger5-Cheetahが2.3秒

(というかページの評価とLoadTimeが微妙に合っていないのはなぜ??)

 

ページ速度分析ツール の測定結果

速度系の比較としては最後の、『Web担当者Forum版 ページ速度分析ツール』の結果です。個人的には、GTmatrixのLoadTimeよりも、体感時間に近い数値のような気がします。

Affinger

compare-theme-speed-22

  • 表示完了:1.770秒

まずは第一走者のAffinger。きっちり2秒を切ってきましたよ~

 

Gush2

compare-theme-speed-23

  • 表示完了:1.742秒

ここでGush2がわずか0.028秒差で1位に!うん、誤差の範囲だね…(笑)

 

Simplicity

compare-theme-speed-24

  • 表示完了:1.396秒

な、なんと!!!1秒台前半ですよ! こ、これはSimplicityの時代がくるんじゃないか!!?

 

Stinger5

compare-theme-speed-25

  • 表示完了:2.053秒

おしい!ほんのあとすこしで2秒を切ることができず、無念の結果となりました。

 

Stinger5-Cheetah

compare-theme-speed-26

  • 表示完了:1.226秒

・・・

・・

ぐはっ!!!

ここに来てSimplicityの牙城を崩す1.226秒が出てしまいました。

Simplicity、惜しかったね……

 

Xeory base

compare-theme-speed-27

  • 表示完了:1.885秒

うん、平均的ですね。

 

Xeory Extension

compare-theme-speed-28

  • 表示完了:1.709秒

うん、へいk(ry

 

ページ速度分析ツール の測定結果まとめ

テーマ表示速度
Affinger1.770
Gush21.742
Simplicity1.396
Stinger52.053
Stinger5-Cheetah1.226
Xeory base1.885
Xeory Extension1.709

本当にSimplicityが惜しかった。1秒台前半を記録できたのはSimplicityとStinger5-Cheetahの2つだけとなりました。

なんの手も加えていない状態で1秒前半での表示とか、どんだけ高速やねん!(笑)

 

Another HTML-lint 5 の測定結果

番外編感が漂いますが、選択の一つの基準として、どれだけ正しくHTMLが記述されているかをHTML構文チェックのAnother HTMLで比較しました。

本来は、画像にalt属性を記述するなどの調整が必要なんですが、今回はあくまで初心者が何も考えずに写真をアップしたような状況を想定して、設定しておりません。

Affinger

compare-theme-speed-29

  • HTML:19点

100点満点の19点。

これは、低い・・・のでしょうか?他を見ないとなんとも言えないですよねぇ。

 

Gush2

compare-theme-speed-30

  • HTML:63点

おぉ!

63点

大学なら、なんとか単位を貰える点数ですよ!

 

Simplicity

compare-theme-speed-31

  • HTML:47点

あ、あれ?

何か、記事の作り方がいけなかったのでしょうか?公式HPでは「HTML5バリデーションのエラー0」とあったのですが…

要検証ですね(-_-;)

 

Stinger5

compare-theme-speed-32

  • HTML:30点

ここまで来ると、Gush2の63点がものすごく高い点数に思えてきました……

 

Stinger5-Cheetah

compare-theme-speed-33

  • HTML:16点

お、おう……

これまた、なかなか厳しい点数です。

 

 

Xeory base

compare-theme-speed-34

  • HTML:8点

ふぁっ!?10点満点ちゃうねんで??

あれ?なんでこんな低いの?

 

Xeory Extension

compare-theme-speed-35

  • HTML:6点

(´・ω・`)

・・・

・・

(´・ω:;.:…

 

 

4つの測定結果のまとめ

compare-theme-speed-36

以上の結果から、スピード面で各種サービスの数値を比較した場合、『PageSpeed Insight』や『Web担当者Forum版 ページ速度分析ツール』の結果からは『Stinger5-Cheetah』が、『GTmatrix』の結果からは『Stinger5』がもっともおすすめできるテーマだと分かりました。

また、今回の趣旨とは異なりますが、綺麗なHTMLソースを好む方は『Gush2』がおすすめです。

 

スピード面から考えるおすすめWordPressテーマまとめ

かなり長文の記事となってしまいましたが、最後まで見ていただき、本当にありがとうございます。

1点だけご留意頂きたいことが有ります。今回の計測結果は、あくまでも「私の環境での結果」であり、全ての環境で同じ結果が出るとは限らない、ということです。

本来は、もっと多くの検証回数や、多様な検証方法を取るべきだとは思いますが、まずは上記のような有名なツールを使って数値で比較することで、初心者の方が自分のWordPressテーマを決められない!という『困った』を解決することができればと思って記事にしました。

また、ブログの表示速度を早くするには、今回のようなテーマ選びに加えて、速度に信頼のあるレンタルサーバーを選んだり、各種の高速化設定を取り入れたりすることでも実現できます

レンタルサーバーの選び方については下記の記事を、

表示速度の高速化については下記の記事も合わせてご確認ください。

 

 

後編では、テーマのカスタマイザーや記事作成画面など、テーマに付随する管理機能を全力で比較していますので、こちらの記事もどうぞ!

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。

 

素晴らしいWordPressテーマを無料でご提供いただいている作者様へ

許可も頂かず、突然、こんな記事を書いて申し訳ございません。

この記事は特定のテーマに「No」と言うためのものでは決して有りません。

ブログ初心者がいざWordPressを使ってブログを始めよう!と思った時、「おすすめ5選とか言われても判断できないんですけど?」という「困った」を解決するための一助になればとの思いから作ったものです。

出来る限り公平性を保つことができるように、計測条件や記載内容を確認したつもりではありますが、もし、ご不快に思う表現などございましたら、お手数ではございますがお問い合わせやTwitter(@tsunji1983)へご連絡ください

Sponsored link