JR公式のアプリで入会費・年会費無料でSuicaが作れるらしいけど、なんか制限とかある?

当ブログでは、まだApple Payが始まる前の段階で、関西在住だけど自分が使いたいという理由から、Suicaの利用法について調べました。

すると、大変ありがたいことに多くの方が読んでくださり、ご質問や利用情報をご連絡いただくことができました。

そこで今回は、関西在住の僕がiPhone7 PlusとJR公式アプリを利用してSuicaを作成、実際に利用するまでに確認したことや注意点をまとめておきます。

「これからSuicaを作るつもりだ」という人は、ぜひご一読ください。

※本記事においては、混同を防ぐために「アプリのSuica=Suicaアプリケーション」、「Suicaそのもの=Suica」と記載させていただきます。

 

JR公式アプリ「Suicaアプリケーション」とは

JR東日本はこれまでAndroid端末用のアプリ「mobile Suica」を提供してきましたが、iPhone7におけるApple Payの提供に合わせて提供を開始したiPhoneアプリが「Suicaアプリケーション」です。

Apple PayでのSuicaサービス:JR東日本

このアプリでSuicaを作成すれば、入会費・年会費ともに無料で利用可能です(通常、Suicaカードを作成するときに必要な預け金・デポジット代500円も要りません)。

 

スポンサーリンク

公式アプリでの「Suica」作成の流れ

関東圏以外に住んでいる人は、Suicaカードの現物を持っていることが少ないので、多くの方が公式アプリで「Suica」を作成することになるものと思われます。

そこで、関西在住の僕が実際にSuicaを作成してみました。

(ちなみに、Apple Payを利用するためにはiOSのバージョンが10.1.1の必要があります。アップデートがまだの人は事前に済ませておいてください)

 

手順1:JR公式アプリ「Suicaアプリケーション」のインストール

まずはJR公式アプリ「Suicaアプリケーション」をインストールしましょう。

 

①「App Store」を起動して「suica」と検索

Suicaと検索

 

②一番上のアプリを「インストール」

Suicaアプリケーションをインストール

 

③iPhoneのパスワードを入力するかTouch IDを実行。

パスワードを入力

 

④インストールが完了したら「開く」

Suicaアプリケーションを起動

 

手順2:公式アプリで「Suica」を作成

次に、アプリ内で「Suica」を作成しましょう。

 

⑤アプリを起動すると「Suicaがありません」と表示されているので右下の「Suicaを発行」

Suicaを発行

 

⑥作成するSuicaの種類を選ぶ。(僕はもしもの時のことを考えてMy Suicaにしました)

Suicaの種類を選ぶ

Suicaの種類について
  • Suica(無記名)
    本人以外も利用することができる。ただし紛失時の保障は無し。
  • My Suica(記名式)
    個人情報の入力が必要。紛失してもチャージ代金を保障してくれる。
  • Suica 定期券
    関東圏以外の沿線では利用できない。

 

➆会員規約を読んで「会員登録」

Suicaの会員登録

 

⑧必要事項を記入して「次へ」

必要事項を記入して「次へ」

 

⑨電車賃のチャージ(入金)を求められます。

チャージ金額を選ぶ

 

手順3:支払い方法を選択して電車賃をチャージ

ここでは、Apple Payにまだクレジットカードを登録したことが無い人向けに、流れを紹介します。

 

⑩チャージ金額を選んだあと、「Suicaアプリケーションに登録したクレジットカード」と「Apple Pay」のどちらで支払いをするか選ぶことになります。今回は「Pay を設定」を選びます。

ApplePayを設定

 

⑪Apple Payのクレジットカード追加画面が表示されるので「次へ」

ApplePayが起動するので「次へ」

 

⑫「クレジットカード/プリペイドカード」

クレジットカード/プリペイドカードを選択

 

⑬登録したいクレジットカードを撮影

クレジットカードを撮影

 

⑭撮影したカードの情報が表示されるので、内容を確認して「次へ」

読み込まれたカード情報を確認

 

⑮有効期限とセキュリティコードを入力して「次へ」

有効期限とセキュリティコードを入力

 

⑯利用条件を確認して「同意する」

利用条件を確認

 

⑰カードの追加が完了したら「次へ」

カードの追加が確認できたら「次へ」

 

⑱認証のため「SMS」を選んで「次へ」

認証コードをSMSへ送付

 

⑲SMSが届いたら認証コードを入力して「次へ」

認証コードを入力して「次へ」

 

⑳アクティベート完了

アクティベート完了

 

㉑Suicaアプリケーションに戻ると、先程は「Payを設定」と記載されていたボタンが「Pay」に変わっているので「Pay」

ApplePayを選択

 

㉒さきほど追加したカードが選択されていることを確認してパスワードを入力orTouch IDを実施。

パスワードを入力

 

㉓入金が完了

入金が完了

 

楽天カードはApple Pay対応だけどVISAはNG

非常に多くの利用者がいるであろう楽天カードもApple Payへの対応を開始しました。

楽天カード: Apple Pay登場。

ただし、注意点が1つ。クレジットカード会社がVISAの場合、Apple Payの支払いには利用できません

VISAの楽天カードはApplePayで利用できない

↑のように、登録すること自体はできますが、「App内の支払いはできません」と表示されて選択できなくなっています。

 

スポンサーリンク

Suicaの使い方で疑問に思ったこと

以下は、実際に利用する上で疑問に思ったことをまとめていきます(随時更新)。不明点などあれば、追加調査しますので、twitterなどでメッセージをいただけるとありがたいです。

 

Q.電車に乗車するときはアプリを起動しておかないとダメ?

A.特にアプリを起動したり、画面ロックを解除したりする必要はありません。

iPhone7を再起動した直後の何もアプリを起動していない状態でテストしましたが、何の問題もなく改札を通ることができました。iPhone7本体を、改札のICカードリーダーの部分に近づけるだけでOKです。

 

Q.Suicaアプリケーションの中に現金チャージのメニューが無いよ?

A.Suicaを現金チャージするにはApple Payの「Walletアプリ」を利用します

Suicaアプリケーション内で電車賃をチャージしようとすると、「クレジットカード」と「Apple Pay」しか選べないので、一瞬、現金でチャージするのは無理なの?と思っていまいますよね。

現金でチャージするためには、ApplePayの「Walletアプリ」を起動して、チャージしたいSuicaを選んだ状態で、コンビニなどでQUICPayを利用する必要があります。

create-suica-in-iphone7-25

 

iPhone7+JR公式アプリでSuicaを手に入れるまでの流れまとめ

実際にやってみると、関西在住の僕でも簡単にSuicaを作成し、利用することができました。

公式アプリでSuicaを作成する場合の唯一の制限としては「クレジットカードが必要なこと」。

上のアプリの設定流れで確認いただいたように、最初に入金する必要があり、支払い方法として「Suicaアプリのクレジットカード」か「Apple Pay」を選択しなければならないため、対応するクレジットカードが無いと先に進まない、というわけです。

以下の記事でも説明しましたが、関東の知人に手配してもらうか、オークションサイトなどで購入して、Suicaカードの現物を手に入れた場合は「クレジットカード無しでの運用」も可能ではありますが、デポジット(預り金)等の初期費用がかかりますのでご注意ください。

また、もしApple Payに対応したクレジットカードを持っていなくて、これから作る場合には、関西でも実店舗で利用可能なビックカメラSuicaカードがおすすめです。

参考12月31日まで最大7,000円相当のポイントが貰える入会キャンペーン実施中!ビックカメラSuicaカード

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。