もっとたくさんの人にブログを読んで欲しい

ブログを運営している人ならだれもが、すこしでも多くのユーザーに自分のブログを見て欲しいと思うもの。でも、どうやったらアクセスって増えるんでしょうか?

当ブログでは2016年1月に、「雑多ブログのアクセスアップ」というカテゴリを作るにあたって、「5つの仮説」を考えてみました。

その中で、検索エンジンからの流入を増やすための施策や、訪れてくれたユーザー1人あたりのPV数を増やすための施策など、様々な仮説と検証をすすめています。

今回は、「5つの仮説」の1つ「記事下にSNSボタンを追加すればフォロワーは増える?」という仮説を検証するために実施したWordPressカスタマイズと、9ヶ月間の検証結果についてご紹介させていただきます。

 

なぜSNSのフォロワーは重要?

 

繰り返し並んでいる様子

ブログには、大きく分けて「新規ユーザー」と「リピートユーザー」という2種類のユーザー属性があります。「新規ユーザー」は検索エンジンやバズによるSNSからの流入、「リピートユーザー」はRSSの購読者やSNSのフォロワーなどが考えられるでしょう。

ブログ運営において、新規開拓を進めていくうえでは検索エンジンからの流入がもっとも重視される一方、記事公開直後の安定的なアクセスを獲得するためには「SNSのフォロワー数」という数値も見逃せません。

なぜなら、検索エンジンで上位表示できるかどうかは記事公開時には判断がつきませんが、TwitterやFacebookで1,000人のフォロワーがいたとすれば、その1割のユーザーが記事を見てくれるだけで100PVを獲得できる計算になるからです。

 

スポンサーリンク

CTAとは

電話している様子

CTAとはCall to Action(コール トゥ アクション)の頭文字で、「資料請求はこちら!」や「お問い合わせはこちら!」など、記事を読んだ人に次の行動について提案するコンテンツを意味します。

ブログにおいては、記事の一番下でメルマガに誘導したり、関連記事へのリンクを掲載したりするのも、広い意味では「CTA」といえるでしょう。

今回は、この「記事下CTA」に「SNSのフォローを促すボタン」を設置することで、フォロワー数増加につながるかを検証してみたわけです。

 

スポンサーリンク

「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」の実装方法

WordPressで運営するブログでSNSボタンといえば「WP Social Bookmarking Light」などで設置できる「SNSシェアボタン」を思い浮かべる人もいるかと思います。

WP Social Bookmarking Lightの表示例

WORDPRESS.ORGより

しかし、今回必要なのは「SNSフォローボタン」。しかも、できれば他のブログとはちょっと差別化したおしゃれなものが欲しい……。

そんなときに思いついたのが、ニュース系のブログ等でときどき見かける「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」です。

『Emanon Pro』のこの記事が気に入ったらいいね!ボタン」の表示例

アイキャッチ画像と連動していて見やすいし、「カスタマイズしてる感」があって良いですよね(笑)

実装する方法は以下の3つ。

 

テンプレートのカスタマイズ

記事を表示するためのWordPressテンプレートである「function.php」と「single.php」をカスタマイズする方法です。難易度は高くなりますが、その分自由度も高いので、自分の好きな場所に設置したり、必要なボタンだけに絞ったりすることが可能です。

一般的なブログテーマにおける導入は、まなしばさん(@manami1030)の記事が分かりやすいです。

FacebookページやTwitterからの流入が、ブロガーにとっても大切な流入元となっていますよね。 そんなFacebookページのいいねやTwitterをフォローしてもらうためのオリジナルSNSボ

また、もし『マテリアル』というWordPressテーマを利用している場合には、ちゃぼPさん(@chabo0429)の記事をコピペするだけでOK。

このサイトでは、WordPressテーマ「マテリアル」を使用していますが、Facebookのいいねボタンや、Twitterのフォローボタンは右側のサイドバーに標準で搭載されています。

&nbsp…

 

プラグインでの導入

テンプレートをカスタマイズするのなんて難しすぎる!という人には、『VA Social Buzz』というWordPressプラグインがオススメ!Google Analyticsと連携してクリック数を計測してくれたり、Push7というWebプッシュ通知サービスに対応していたりと、至れり尽くせりです。

設置場所を自由に選べる有料版と、記事下にのみ設置できる無料版がありますが、まずは無料版で充分かと。

詳しい説明や設置方法は、エローラさん(@uszero800)の記事をどうぞ。

WordPress初心者でも簡単に記事下にFacebookページのいいね!ボタンと、シェアボタン・フォローボタンを設置できるVA Social Buzzの使い方をご紹介します。クリック数も自動的に計測できるおすすめプラグインです。

 

テーマの機能で導入(一部のテーマのみ)

実は、ほんの1週間ほど前(2016年10月22日)に、『マテリアル』から『Emanon Pro』にWordPressテーマを変更したばかりなのですが、この『Emanon Pro』は最初から「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」が設置可能でした(SNSのアカウント設定は必要です)。

『Emanon Pro』のこの記事が気に入ったらいいね!ボタン」の表示例

調べてみたところ、矢野キチさん(@YOSHI_YANO)がお作りになられている『STORK』や『HUMMING BIRD』といった有料テーマでも、「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」が設置の設置が可能なようです。

記事下のFacebookページのいいねボタンを設置可能 | STORK

 

「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」を実装してみた結果

「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」を追加したのが1月末。9月末までの8ヶ月間でTwitterとFacebookページのフォロワー数の変化は以下の通り。

  • Twitter:59名→127名(+68名)
  • Facebook:2名→8名(+6名)

ぱっと見、Twitterがものすごく増加しているようにも見えますが、ブログイベントで知り合いになった人や、僕自身がフォローして仲良くなった人も含まれるため、全てが「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」による効果とは言い難いところがあります。

そこで、2つのSNSからのアクセス数(セッション数)の変化を見てみましょう。

Twitter Facebook 合計
2月 56 5 61
3月 4 26 30
4月 23 6 29
5月 1 10 11
6月 16 18 34
7月 8 7 15
8月 0 18 18
9月 34 62 96

なんと言いますか……、すごく増えていません……(汗)。大幅にフォロワーが増加したTwitterより、むしろFacebookのほうが、段々とセッションが増えています。

この結果から考えると、特に開設初期の雑多ブログにおいては、「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」を設置するだけでフォロワーが増えてアクセスアップにつながる、というわけでは無いと分かります。

 

記事下(CTA)にSNSボタンを追加した検証結果まとめ

「記事下にSNSボタンを追加すればフォロワーは増える?」という仮説を検証するため、「この記事が気に入ったらいいね!ボタン」を設置して8ヶ月。

結果としては、記事下CTAにSNSボタンを設置するのはあくまで「機能」の話であり、フォロワーしたいと思うかどうかは「記事の内容」による、という当たり前の事実を痛感することになりました。

ただ、SNS関連では、これまでは『「○○」という記事を書きました』程度の簡素な通知内容だったものの見直しや、特にTwitterにおける「Twitterカード」を利用した通知形式の変更など、改善していけるところがたくさんあるので、仮説と検証を継続していきたいと思います。

ちょっと興味が出てきたな~という方は、SNSをフォローいただくか、RSSを受信いただけるとすごく嬉しいです。また、もっとこんな検証をしてほしい!というご意見があれば、気軽にメッセージくださいね。

今回は、2016年1月に立てた「5つの仮説」のうち、4つめの仮説に基づいた記事でした。

3つめの「記事作成時のチェックリストを作れば滞在時間が伸びる?」という仮説の検証結果は下記の記事をごらんください。

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。