あなたは人との出会いに感謝したことがありますか?

人はその人生の中でたくさんの人と出会います。ほんの一時の時間を共有するだけの人もいれば、長い時間をかけて再会する人もいる……。

僕はたいして友人・知人の多い人間ではありませんが、人生の節目には必ずといっていいほど印象的な「出会い」が有りました。

今回は、『 Naifix 』を運営しておられるElloraさん(@uszero800)主催の「 Blog Olympic Advent Calendar 2016 」というイベントに参加することになり、自分の出会いについて振り返る「合縁奇縁オリンピック」を開催することにしました。

 

Blog Olympic Advent Calendar 2016とは

dating-olympics-01

「Blog Olympic Advent Calendar 2016」とは、ブログが大好きな人が集まって、お題に沿った記事を書くイベントです。

募集後すぐに枠がいっぱいになってしまったため、急遽、第二弾も開催が決定しました。

参考Blog Olympic 2nd Advent Calendar 2016

今回のテーマは「金メダル」

今年一年間のブログ運営でよく見られた記事の紹介や、買ってよかったものなど、様々な記事が公開されています。

▼僕の1つ前:『 あいらんずわーるど 』を運営しておられるaoisoraさん

塗り絵は認知機能を向上させる?今年の金メダルは楽しみながら頑張った81歳の母に授与します!

▼僕の1つ後:『 ススムブログ 』を運営しておられるススムさん(@susumulog

聖夜に贈る僕のたったひとつの金メダル

ぜひぜひ合わせてごらんください。

 

Sponsored link

合縁奇縁オリンピック

オリンピックと紐付けるのはちょっと強引な気もしますが、ひとことで言うと、「僕が出会って良かったと思う人ランキング」ですね。

ちなみに「合縁奇縁」には以下のような意味があります。

不思議なめぐり合わせの縁。人と人とが互いに気心が合うかどうかは、みな因縁(いんねん)という不思議な力によるものであるということ。人と人の結びつきについていうが、特に男女の間柄についていう。
▽「合縁」はもと仏教語で、恩愛から起こる人と人の結びつきの意。「奇縁」は不思議なめぐり合わせの意。また、思いがけない不思議な縁の意。

合縁奇縁の意味 – goo辞書

 

銅メダル:大学のゼミの恩師F先生

僕は4年制の大学で経済学部に所属していましたが、ゼミでやったのは「田植え」「稲刈り」「キャンプ」でした。

ちょっと何を言っているのか分からないかもしれませんが、担当教員である恩師の持論は「物事の本質をとらえるためには原点に立ち返る必要がある」というもので、体験から学ぶことの重要性を叩き込まれました。

「田植え」「稲刈り」は昔ながらの手法で、泥にまみれながら手で植えて、合鴨を放し、一切農薬も使わず、稲刈りした後はいなきを使って天日干しする徹底具合。

キャンプにいたっては、電気・水道・ガス・トイレ無しの山奥で3泊するサバイバルキャンプと、おおよそ普通の大学生活とはかけ離れた経験をさせてもらいました。

また、ただ遊んでいるだけのゼミかというとそうではなく、通常、3回生で専門分野について学習したのちに4回生で卒業論文を書きはじめるところ、うちのゼミは最初から、卒業論文の作成にむけて自分でテーマを決めて翌週に進捗し、出来てなければボロカスに詰められる、なかなかハードモードなゼミでした。

もし恩師に出会うことがなければ、まったく違う大学生活・人生を送っていたのではないかと思うと、本当に感謝していますし、ぜひ自分の子どもにも同じようにたくさんの体験をして欲しく、毎年家族で遊びに行っています。

 

銀メダル:大学からの親友K

↑のサバイバルキャンプで出会った、僕の一番の親友がKです。

恩師の友人として参加した他大学の教授の、ゼミ生かと思ったらそうではなく、ただその教授の授業が面白かったから参加してみた、という変わったヤツ(ややこしい)。

一番最初に投げかけられた、「TSUNJIさん、『ぬ~べ~』のどのシーンが一番エロいと思う?」という言葉は、きっと死ぬまで忘れないと思います。

恩師が僕の大学生活における「学び」を象徴する人物だとすると、親友Kは「遊び」を象徴する人間です。

毎月のように集まって、「スペランカー」などの有名なクソゲーゲームで夜通し遊んだり、僕が婚活を始めたときにはシングルスバーに拉致ったりと、バカなことばっかりしてました。

そんな彼も、僕に半年先行して結婚・子どもも生まれました。

いつか彼の息子と僕の息子が、彼と僕のような親友になってくれたら良いな~と妄想しています。

 

金メダル:妻

僕が、もっとも感謝している出会いは、やっぱり「妻」ですね。

他人同士が結婚して「家族」になる。これってめちゃくちゃ凄いことだと思うんですよ。

もちろんかわいいかわいい息子についても、僕達夫婦のところに生まれてきてくれて本当にありがとうと言いたいんですが、息子と出会えたのも、「出産」という大きな試練を乗り越えてくれた妻のおかげなわけです。

自分も働きながら、家事&育児に奮闘してくれまし、ブログを書くために部屋にこもっていても、怒るどころか「お金がかからない趣味で良いね」と応援してくれます。

こんなに素晴らしい女性と結婚できた幸運を感謝せずに、何に感謝すれば良いと言うのでしょうか!?(なかなか直接伝えれないけれど……)。

 

さらにさらに感謝したいことがあります。

それは「2人目の子どもを身籠ってくれたこと」。

そうです。来年3月にはTSUNJI家に新たな家族が増える予定なんですよ!!(本邦初公開)

しかも今度は女の子(股にはさんで仕舞い込んでないかぎりは……)。

男の子の子育てだけでなく、女の子の子育ても経験できる幸せに、今からワクワクがとまりません。

(いつか嫁にやらなければならないという事実にソワソワもとまりません……)

年子(1歳違い)の育児は、きっと大変なことも多いのでしょうが、夫婦で力をあわせて頑張っていきたいと思います。

 

Sponsored link

合縁奇縁オリンピックまとめ

合縁奇縁というわりに、3人中2人が男ですが、別に良いんです。

結局のところ、妻に「出会ってくれてありがとう」って言いたかっただけなので(妻はこのブログをわりとチェックしてる)。

実は、本日12月24日は、僕達の結婚記念日。

僕は照れ屋で、面と向かって言うことはほとんど無いけれど、日々、彼女に感謝していますし本当に大好きです。

これからも、夫婦で力をあわせて、笑いあふれる家庭を築いていきたいと思います。

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。

Sponsored link