僕は、気に入ったブログを見つけると必ず確認することがあります。それは最初の記事を見ること。

どんな思いでブログを始めたのかな?とか、今の記事とどう違うのかな?とか、そのブログの歴史のようなものを感じることができるような気がするからです。僕と同じような人がいるかどうかは分かりませんが、自分自身が『初心を忘れない』ためにも、ブログを始めるにあたって気がついたことを書きとめておきます。

①自分を見つめなおすきっかけになる

世の中には、素晴らしいブログが本当にたくさん有ります。そんな中で、新しいブログを始めようと思い立ち、さてどんな記事を書こうかなぁと考えることは、同時に自分にどんな記事を書くことができるのかを考えることになります。

もちろん「ブログの内容」は、作る目的によって変わってきます。ぶっちゃけブログでお金を稼いでみたいとか、同じ趣味の友達を見つけたいとか、とにかく自分の息子が可愛いので写真を載せまくりたい」 とか。

「目的」+「自分にできること(できるようになりたいこと)」=「その人独自のブログ」 というわけです。

僕自身のブログを作る目的は3つです。

  • 月々のネット代くらい稼げるようになりたい
  • ブログを通して人間関係を広げていきたい
  • Web制作者としてPDCAできる環境がほしい

そして将来的には、『代表作』として誇れるようなサービスやWebサイトを作れるようになりたいなぁと妄想しています。

 

スポンサーリンク

②最初はやっぱり「時間」が必要

世の中には、毎日ブログを更新することのできる人がたくさんいます。しかし、自分も簡単に毎日更新することができるか、というとそうではありません。「量」と「質」を担保しつつ、毎日更新するためには、アウトプットするためのインプットも必要ですし、そもそもアウトプットすること自体にも訓練が必要です。

「せっかくブログを作るのだったら、毎日更新することでアクセスを集めたい」と考えるのは当然です。でも、ブログを書く目的は 「毎日更新すること」では無く、「人を集める記事→読んでもらえる記事を書くこと」 のはずです。

もし、ブログを書ける時間が少ないなら、思い切って、公開する前に記事を書き溜めましょう。そして、「書く」ということに慣れて、少しずつスピードアップしていけば良いんです。「時間がかかってもしゃーないよねー」とライトに考えて、ブログを運営していきましょう。

 

スポンサーリンク

③学習の履歴を残すことができる

僕は、よくググったページをブックマークします。できるだけフォルダ分けなど工夫して整理しているつもりでも、気が付くと、同じページをブックマークしようとすることがあります。(Chromeでブックマークしようと思ってアドレスバーを見ると、すでにブックマークしている★マークが付いていたりする・・・)

これは、はっきり言って調べたことが身についていない状態です。

もちろん、たった一度見ただけで、何もかもができるようになるとは思いません。でも、調べたことを身につける方法として、「ブログを書くこと」が役立つのではないかと期待しています。

人は、「 聞く→見る→体験する→人に教える、の順に記憶への定着力が高くなると言われています。(PHP研究所で書籍が出てますが、数字に具体的な根拠は無いとのことなので割愛します)人に教えるつもりで調べたことをまとめ、ちゃんとアウトプットする訓練と積めば、きっと内容の理解にもつながり、誰かの助けにもなる、一石二鳥のコンテンツを作っていけるはずです。

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

僕がブログを始めるにあたって気がついたのはこの3点です。

  1. 自分を見つめなおすきっかけになる
  2. 最初はやっぱり『時間』がかかる
  3. 学習の履歴を残すことができる

僕にとってのブログはあくまで、仕事に差し支えない範囲で、試行錯誤するための場です。その中でも、もっともっと制作技術もつけていきたいし、文章もうまくなりたいし、マーケティングやマネタリングについても勉強したい。

だからこそ、後で変えることができるし、まずは始めてみよう!と言われがちなブログであっても、書きたい内容を決めてちょっとずつ準備してきました。公開するまでに、実は1ヶ月ほど準備に時間を使ってしまいましたが、やっと始まったこのブログ。ぼちぼちと運営していきたいと思います。

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。