あなたは今の自分の仕事についてどう思っていますか?

 

満足?

もう辞めたい?

もっと稼ぎたい?

転職したい?

 

今回は、『フリーランスのための一生仕事に困らない本』という書籍を紹介します。

「フリーランスのための~」とのタイトルの通り、フリーランスとして働く人・働きたいと思っている人にとって「仕事の生み出し方」を学ぶ非常に分かりやすい書籍です。

それならば、僕のように会社勤めの人間にとっては、学ぶものが無いかと言うと全然違います。僕が読んんで一番に感じたのは「自分の仕事を整理するのに役立つ本」という印象でした。

 

どのような働き方をする人間にとっても、「その働き方にどんな意味を持たせるのか」は自由です。

例えば、「そろそろ仕事辞めたいな」とか「フリーランスって楽しそうだな」と、今の仕事の悪い面ばかり見るのではなく、自分にとって、今やっている仕事がどんな位置づけのものなのか、また将来にどうつながっていくのか……と想像を広げてみる。

そんな、「もう一度、自分の働き方を見つめなおすため」に、知っておいて欲しいポイントをまとめました。

 

 

働く上での心がまえが全てを変える

本書では「フリーランスには3つの力が必要だと述べられています。

  1. 仕事を作る力
  2. 自分を伝える力
  3. お金を回す力

この3つの力は、フリーランスだけでなくどんな働き方をする上でも重要な力と言えます。

「仕事を作る力」は、指示待ちではなく自分なりの仕事を見つけていく力、「自分を伝える力」は、自分の経験を蓄積しアウトプットしていく力、「お金をまわす力」は、成長し続けるために自己投資する力、と考える事ができますよね。

 

また、プロとして守るべき4つの掟というものが紹介されています。

  1. 「できないことがある」と自覚する
  2. 自分との約束を守る
  3. 仕事のスピードを重視する
  4. しっかり休む

特に、最後の「しっかり休む」という視点は、必ず持っておかなければなりません。

メリハリを付けるからこそ、100%の能力を発揮して、働くことができるのですから。

 

Sponsored link

働き方を考える上で重要な6つの視点

「働き方を見つめなおす」上で重要なポイントとして、「仕事を作る」というカテゴリのなかで以下のような記載があります。

  1. 自分を磨くための仕事/食うための仕事
  2. 無料の仕事/有料の仕事
  3. 継続的な仕事/単発の仕事
  4. 時間を選べる仕事/選べない仕事
  5. 高額な仕事/安価な仕事
  6. 対個人/対法人

もしあなたが、「仕事が面白くないな~」と悩んでいるのだとしたら、その仕事は↑のどこに当てはまるか考えてみましょう。

そして、自由に仕事を選べるとしたら、どんなことをやってみたいが考えてみてください。

ただし、「自分を磨くための仕事」が「安価な仕事」かもしれません。「高額な仕事」が「単発の仕事」という場合もあるでしょう。

そこで、選ぶべきは「優先順位」です。

どこだったら頑張れるか、という意識のなかで、今の仕事が非常に優先順位の低いものだったとしたら、新しい仕事を生み出す努力をするか、最悪、仕事を変えることも検討する必要がでてきますよね。

 

Sponsored link

アウトプットツールとしてのブログ

僕自身が社会人生活を10年送り、最近になってブログを始めたからこそ痛感しているのが、「アウトプットの重要性」です。

その時々で、必死に働いていたはずなのに、今になって振り返ってみると、なんとなくしか思い出せない。これは本当にもったいないです。

そんなアナタは、ぜひブログを始めてみてください。

「アクセスを集めよう」とか「ブログで稼いで仕事を辞めてやる!」とかではなく、ブログを運営することが、あなたの力を伸ばし、「自分はこんなに頑張ったのか!」と成長を実感するためのものとして、ものすごく効果的なんです。

本書においては、ネタ切れしないための方法として紹介されているのですが、僕にとっては、この「自分の成長」を記録する上でおすすめの「ネタ作りの5つのコツ」があります。

  1. 最新より最深
  2. 自分が困ったことで解決できたこと
  3. 誰かに質問されたこと
  4. インプットしたこと
  5. 体験したこと

当ブログ『こまろくNOTE』は、まさしく「自分が困ってしらべたこと」をまとめたブログです。

何の記録もつけていなかった約9年間より、ブログを始めた8ヶ月の方が、自分の成長を実感できています(もちろん、最近だから覚えている、という意味もありますが、そもそも「思い出せる」ということ自体が重要)

 

どんな仕事にも必要な3つの力

社会人になると、金銭的な余裕は出てきますが、一方で時間的な余裕はどんどん無くなりますよね?でも、より一層活躍する(お金を稼げるようになる)ためには、成長し続ける必要があります。

そんなとき失敗しない自己投資先が以下の3つです。

  1. 書くスキル
  2. 読むスキル
  3. 話すスキル

この3つは、どんな業種・職種であっても、フリーランスや会社勤めといった働き方であっても、必ず役に立つスキルです。同時に、業界の知識やスキルを勉強するのとは違って、「意識して伸ばさないとなかなか伸びないスキル」でもあります。

もしあなたが、月に1冊くらいは本でも読んでみようかな~と思ったことが有るのであれば、この3つのスキルを伸ばす本を探せば、必ず将来に役立つことでしょう。

 

フリーランスのための一生仕事に困らない本まとめ

フリーランスの方が、自分の仕事を自分で選ぶ、という意味で自由度が高いと言えるかもしれません。会社勤めの方が、金銭面で安定するという人もいるでしょう。

重要なのは、「あ、今の仕事は違うかも?」とか「フリーランスになろうかな?」と思った時に、「なぜ違うと思うのか」をしっかりと落としこむことです。

自分が目指すのはどこか?」という指針を作ることによって、それが会社勤めであってもフリーランスであっても、迷うこと無く働けるようになります。

「働き方」という事柄について、徹底的に整理して、あなただけの働き方を見つけてください。

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。

 

参考:本書の目次

参考までに、本書の目次を載せておきます。これは!』と思うところがあればぜひ読んでみてください。

はじめに
フリーランスとして、真の自由を手に入れる

第1章
「一生食うためのルール」8つのポイント

第2章
「あなたにしかできない仕事」をたくさん作ろう!

第3章
やりたい仕事が飛び込んでくる!「自分メディア戦略」

第4章
プロフェッショナルフリーランスの「お金の活かし方」

特別付録
もう人任せにしない!青色確定申告のやり方

おわりに
フリーランスとして、世界を変える

Sponsored link