みなさんはWordPressをドメイン(サイトURL)のどこにインストールしていますか?

仮に「http://www.hogehoge.com」というURLでブログを作成している場合に、ログイン画面が「http://www.hogehoge.com/wp-login.php」となるような、ドメイン直下にインストールしていたりしませんか?

もしあなたが下記の2つの条件に該当する(まはた予定がある)ならば、ドメイン直下にWordPressをインストールするのではなく、専用のフォルダを作成したほうが良いでしょう。

  • サブドメインやサブディレクトリで複数サイトを運営する
  • DuplicatorのようなWordPressプラグインでブログのバックアップを取る

なぜって?

ドメイン直下にWordPressをインストールすると、バックアップがものすごくめんどくさくなるからです。

今回は、複数のWordPressを運営したい人が、ブログのバックアップで困らないような環境構築についてご紹介させていただきます。

 

1つのサーバーで複数サイトを運営する方法

まずは、レンタルサーバーを1つ借りて、複数のサイトやブログを運営したいと思った場合、どんな方法があるのでしょうか?最初に「http://www.hogehoge.com」という独自ドメインを購入した、と仮定して、3つの方法をご紹介します。

 

1.サブドメイン

まず、サブドメインというのは、「http://www.hogehoge.com」の「www」のところを、自分の好きなアルファベットや数字に変更することで、全く別のドメインとして扱う、というものです。

例)http://example.hogehoge.com

 

2.サブディレクトリ

一方、サブディレクトリとは、「http://www.hogehoge.com/」のドメイン直下に「test」というフォルダを作りコンテンツをアップロードした状態です。

例)http://www.hogehoge.com/test/

この場合、そのサイトは「別のドメインのサイト」ではなく、「同一のドメインの詳細コンテンツ」のような意味合いになります。

 

3.マルチドメイン(別ドメイン)

上記の2つについては、すでに購入した「http://www.hogehoge.com」のみで実現する方法でしたが、レンタルサーバーによっては「マルチドメイン」といって、1つのサーバーに2つ以上のドメインを登録することができる機能をもっているものもあります。

つまり、全く別の「http://www.fugafuga.com」というドメインを購入し、1つのサーバーに2つのドメインを共存させる方法です。

 

3つの方法の共通点

レンタルサーバーの仕様によって違いますが、この3つの方法、実は共通点があります。

たとえば、レンタルサーバーを1つのフォルダだとすると、「サブドメイン」「サブディレクトリ」「マルチドメイン」は、1つの親フォルダの中にある3つの子フォルダのようなものなんです。

「http://example.hogehoge.com」という名前で来たユーザーは「example」フォルダへ、「http://www.fugafuga.com」という名前で来たユーザーは「fugafuga」フォルダへ誘導するよ~って感じですね。

do-not-install-01

 

Sponsored link

ちゃんとブログのバックアップとってますか?

突然ですが、あなたは定期的にWordPressのバックアップを取っていますか?

非常に低い確率であったとしても、WordPressのカスタマイズをしようとしてブログのデータを消してしまったり、不正アクセスを受けてブログの内容を書き換えられてしまったり、とトラブルが発生する可能性はゼロではありません。

だからこそ、定期的に自分のブログのバックアップを取るべきなのですが、WordPressには便利なプラグインがたくさんあるので簡単にバックアップすることができます。(ちなみ、僕は「Duplicator」というWordPressプラグインを愛用中)

Duplicatorというプラグインは、どちらかというと「WordPressの移転」でよく使われているプラグインで、サイトのデータを1つの圧縮ファイルにまとめてくれるとともに、環境復元用のインストーラー(install.php)も作成してくれます。

do-not-install-02

新しい環境にWordPressを設置したら、インストーラーを起動して、移転先のデータベースの情報やWordPressのユーザー情報を入力するだけで、あっという間に元のサイトを移転することができる、すっごい役立つやつなんです。

僕は本ブログ「こまろくNOTE」の運営において、新しいプラグインやテーマファイルのカスタマイズなどについて検証するために、全く同じ環境をサブドメインに作成しています。

テスト環境でいろいろ検証→上手くいかなければWordPressをアンインストールして、Duplicatorを使って本番環境をもう一度移転……。慣れれば1回の移転に10分もかかりません。

 

Sponsored link

ドメイン直下にWordPressをインストールしたら悲劇が……

冒頭で、以下の2つの条件に当てはまるなら、ドメイン直下ではなく専用フォルダを作成して、WordPressをインストールすべきだとお伝えしました。

  • サブドメインやサブディレクトリで複数サイトを運営する
  • DuplicatorのようなWordPressプラグインでブログのバックアップを取る

僕のサーバー環境をもとに、もうすこし詳しい理由を説明します。

 

こまろくNOTEの過去のサーバー構成

下記は、今回の記事を書く以前の、当ブログのサーバーディレクトリ構成です。

do-not-install-03

ドメイン直下にたくさんのフォルダがありますね。

利用するWordPressテーマを決めるために、テーマごとにサブドメインを作りWordPressをインストールしていました

詳しい経緯は以下の記事をどうぞ。

 

Duplicatorでバックアップしようとすると「Total size」でエラーが……

ブログ運営に役立ちそうなプラグインを試すために、Duplicatorを使ってバックアップしようとすると、「Total size」ってところにエラーが……?

do-not-install-04

気にせずにバックアップ→テスト環境で復元してみると、特に問題なく作業は完了。

 

圧縮されたバックアップデータを解凍してみると?

なんでそんなにファイルサイズが大きくなったのか気になったので、バックアップデータの圧縮ファイルを解凍してプロパティを見てみると、ファイル数が…

do-not-install-05

なんと16,871!!?

ここで気がついたのがDuplicatorの「WordPressのインストールディレクトリを丸ごとバックアップする」という機能。

はい、そうです。WordPressはドメイン直下にインストールされていましたので、多数のサブドメインのフォルダごとバックアップしちゃったんです……。

単純計算で、9個のWordPressのプログラムデータごとバックアップしてるってことで、そりゃーファイルも多くなるわ!って感じですね。

さらに怖いのは、テスト環境もサブドメインなので、本番環境をもう一度バックアップしようとすると、テスト環境の9個のWordPressを含めて9+9=18のWordPressをフォルダごとバックアップすることになり……。

どんどん、バックアップデータが膨らんでしまうので、テスト環境の不要なフォルダをいちいち削除しなければいけません。結局1時間くらいかかってなんとか削除しました(^_^;)

 

対処法は有るの?

なんとか、サブドメインのWordPressをバックアップしないですむ方法は無いか?と考え、2つの方法について試してみました。

 

1.Duplicatorの除外設定

まず試してみたのがDuplicatorでバックアップを作成する時に、サブドメインのディレクトリをバックアップ対象から除外する、という方法。

do-not-install-06

ただし、この方法だと、なぜかサブドメインの親フォルダの中の子フォルダは除外されたのですが、親フォルダと直下のファイルは残ってしまいました。

do-not-install-07

ファイルサイズはかなり小さくなりましたが、移転後にいらないファイルを削除する、という手間の部分は変わりません。

 

2.インストール専用のフォルダを作る

次に試したのが、ドメイン直下に「wp」というフォルダを作成し、そこにWordPressをインストールする、という方法。

例)http://www.hogehoge.com/wp/

ブログの公開URLが変わっちゃうんじゃ?と思われるかもしれませんが大丈夫です。

WordPressには「インストールURL」と「公開URL」を別々にする機能があるので、サイトの公開フォルダを「http://www.hogehoge.com/」に調整することで、見かけ上はドメイン直下にWordPressがインストールしているように見せることができるのです。

WordPress を専用ディレクトリに配置する

この方法なら、Duplicatorでバックアップされるのはインストール専用に作成したフォルダだけ!正直、圧倒的にこちらがおすすめです。というか、僕はこっちにしました。

 

WordPressをドメイン直下にインストールしてはダメな理由まとめ

せっかくレンタルサーバーを借りて、頑張ってWordPressでブログを運営するなら、将来的な手間はできるだけ少ない方が良いですよね?

もしものときのためにバックアップを定期的にとりながらブログを運営するなら、ドメイン直下にWordPressをインストールするのではなく、ちゃんと専用フォルダを作成してWordPressをインストールするようにしましょう。

ちなみ、WordPress運営の手間は、利用しているレンタルサーバーによっても大きく変わってきます。詳しい比較や、僕が使っているエックスサーバーのメリットは以下の記事をご確認ください。

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。

Sponsored link