ふとGoogle Analyticsのリアルタイムアクセスを見ていた時のこと。

なぜか頻繁にモバイルからのアクセスが計測されている…?

まだ出来たばかりのブログで、そこまでアクセスがあるとは思えない。かと言って、自分のアクセスはCookieを踏んで除外するように設定しているはず?ページ遷移を計測してみると、間違いなく自分のスマホからのアクセス…

原因を調べてみたがなかなか解決策が見つからず、やっと見つけた方法が単純すぎる方法だったので、さらっと紹介してみます。

 

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法?

まずはおさらい、その1。Google Analytics で自分のアクセスを除外する設定方法について見てみます。

 

IPアドレスで除外設定

Google Analyticsには、指定したIPアドレスからのアクセスを除外する機能があります。なので、確認くんのようなWebサービス等を使って自分が接続しているIPアドレスを調べることで、除外設定が可能です。
ただし、家や会社のインターネットが、モデムを再起動したりしないかぎりはIPアドレスが変わらないのに対し、スマートフォンはIPアドレスの固定が困難なため(Wi-Fi設定時を除く)、スマートフォンからのアクセスの除外については別の方法を取る必要が有ります。

 

Cookieをフィルタリングして除外設定

特定のページにアクセスしてからサイトにアクセスすることで、IPアドレスに変わる属性を付与し、その属性をGoogle Analyticsのフィルタリングの対象とすることで除外設定する方法(Aというページにアクセスしてから来たユーザーのアクセスはカウントしない、等)です。Cookieの反映には1日程度かかると言われており、設定直後にブログにアクセスして、『上手く行かなかい!』と勘違いしてしまうことがありますのでご注意ください。

補足

実は、僕が上手く行かなかったのがこの方法。11月1日にブログ公開した直後にもろもろの設定を実施したのですが、11月3日時点で冒頭のようなリアルタイムアクセスでの計測が発覚。

再度設定を見なおした後、一昨日&昨日とテストしてみたものの上手く行かず。最終的に別の方法に落ち着きました。

 

ブラウザのアドオンで除外設定

Google Analytics はGoogleが提供するサービスなのだから、何らかの対処法があるはず、ということで調べてみたらGoogle Analytics オプトアウト アドオンという、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのブラウザにインストールするアドオンを発見しました。

Google Analytics の計測用のJavaScriptを読み込まないようにすることで、そもそもアクセスしていること自体を隠すことができます。スマートフォンのブラウザでは、IEベースのブラウザ『Sleipnir(スレイプニール)』のみアドオンのインストールが可能となっています。

(これ、もっと早く知りたかった。企業サイトの制作完了してから、IP調べたり云々かんぬんするより、アドオンのURL送った方が5倍は楽できたのに。ただ、僕はXperiaZL3(SOL25)を利用しているのですが、この方法でも自分のスマホアクセスを除外することができませんでした。)

 

スポンサーリンク

WordPressにGoogle Analyticsを導入する方法

おさらい、その2。そもそも、WordPressにGoogle Analyticsの導入する方法にはどのようなものが有るのでしょうか?

 

直接テーマファイルに記載する

僕がいつも使っている方法は主にこれです。header部分のテーマファイルにGoogle Analyticsのトラッキングコードを直接記載する方法です。昔はhtmlファイル1つ1つを変えなければならず手間取りましたが、CMSが主流になり、ここらへんのサイト管理は本当に楽になりました。

 

function.phpに記載する

WordPressの選んでいるテーマに対して、さまざまな処理(関数)を割り当てることのできる設定ファイルに、GoogleAnalyticsのプロファイルIDを記載する方法です。直接書く方が圧倒的に多く、ほとんど使ったことの無い方法です。

だって、function.phpってちょっと構文ミスるだけで、サイトが真っ白になったり管理画面に入れなくなったりして、ドキドキが止まらないんだもの…

 

プラグインを使う

有名どころで言うと、All in One SEO Pack やGoogle Analytics for WordPressのように、Google Analytics のプロファイルIDをさえ知っていれば、ものの3分で導入することができます。

ただし1つだけ注意点があります。それは、トラッキングコードのカスタマイズができるかどうかがプラグインに依存してしまうこと。

Google Analyticsは、特定のイベント(特定の場所までスクロールした時や特定のファイルのクリックした時など。上記のCookieによるフィルタリングもこの機能を利用)に対して、処理をカスタマイズすることができるのですが、このプラグインを使う方法だと、そもそも設定を追加する場所がなかったりもします。

 

スポンサーリンク

単純すぎるスマホアクセスの除外方法とは?

『Google Analytics 自分 スマホ 除外』とかで調べまくってみたり、Cookieの貼り方や、フィルターの設定をあれこれといじってみたり、人の携帯を借りてアクセスしてみたり、いろいろテストしてみたものの、解決しない。

というか、そもそも原因が分からない…

もうブログの確認はパソコンだけで良いかなぁ(´・ω・`) なんて諦めかけていたときふと気が付きました。

 

『あれ?アクセスを除外するアドオン、ブラウザのものが有るなら、WordPressのプラグインにも有るんじゃね??』

 

タスケテーGoogle先生~

 

・・・

 

・・

 

 

『有るじゃん!!!』

 

思わずとーきょー弁になってしまう衝撃(自分のアホさが笑撃)でした。

 

それがブログを始めるために選んだオススメWordPressプラグイン15選でも紹介したUltimate Google Analytics です。(というか、昨日の段階で↑のプラグインで解決したからこそ、オススメの一つにさせて頂いたんですがね…)

このプラグイン、Ultimateって付いてるだけに、めっちゃ細かく設定できます。この設定の中に、Ignore logged on users(ログインしているユーザーはアクセスを無視)というものがあるんですよ。

スマホのアクセス時、Cookieを設定する用のページへどうせアクセスしなければならないのなら、べつにWordPressにログインするって一手間でも良いんじゃね?というのが結論です。

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

正直、何か特別な設定をしたわけでは有りません。

これまでわざわざテーマファイルをカスタマイズして実装していたGoogle Analyticsを、プラグインで導入する形に変えたってだけです。

もちろん、プラグインは増やせば増やすほど、他のプラグインと競合するリスクが高まったり、サイトの表示が遅くなったりしますが、そこはおいおいバランスを見ながらということで!