ブログのアクセスアップに必要なものって何?

 

そう聞かれた時に思い浮かべるのが、「質」と「量」のお話。質の高い記事を書くべきなのか、はたまた毎日更新するべきなのか……。

実は、ここ1ヶ月ほど、ブログの毎日更新にチャレンジしていました(子育て系の記事は過去の日付で公開したりしているので、公開日だけで判断すると歯抜けもありますが……)。

ブログを始めて約5ヶ月。少しずつアクセスが増えている当ブログですが、目標は5万PV/月とまだまだ遠い。「質」と「量」のどちらを優先すべきか、そろそろ自分のブログの方針を決めていきたい、と考えるようになりました。

そこで、まずは毎日更新について検証してみよう!と思い立ち、妻への相談のもとブログに集中すること1ヶ月。今回の記事では、これまで2日に1回くらいの更新だったブログが、1ヶ月毎日更新することでどんな変化が起こったのか?をご紹介するとともに、おすすめしたいアクセスアップに対する考え方についてまとめておきます。

 

1ヶ月毎日更新することで起こった変化

アクセス数は増加した

1ヶ月連続更新は2月24日~3月24日までの30日間実施しました。そこで1月25日~2月23日までの30日間とアクセスを比較してみたところ、セッション数/PV数ともに1.6倍くらいになりました。検索エンジンからの流入も、Googleで1.7倍/Yahooで1.9倍とかなり良い数値に。(もともとのアクセスが何万PVもあるわけでは無いので、変化率がが高くなる、という側面もあります)

 

文章を書くことが苦にならなくなった

僕はその日に公開する記事はだいたい前日までに作ります。最近だと、だいたい19~20時くらいに帰宅して夕食&息子と戯れた後、9時から息子を風呂に入れ、10時~12時がフリータイム、という生活がルーチン化しています。そのため、行き帰りの電車の中とかでネタを整理したのち、この2時間で書き切ることができれば、と考えました。

最初はなかなか思うように文章構成が思いつかず、記事公開当日の昼休憩を記事執筆に当ててしまうこともしばしば……。でもいまでは、だいたい1時間で文章をざっと書いた後、説明用の画像の作成などを残りの1時間で片付けることができるようになってきました

 

家族との時間が減った

うちの妻は大変理解があり、ブログを趣味の1つとして応援してくれます。でも、あまりにブログに集中しすぎて家族を蔑ろにしてはいけないので、できるだけ決まった時間以外はやらないように、と自戒していました。

それでも、毎日更新しようとすると、やはり時間はかかるもので、この1ヶ月、家族で過ごす時間が一気に減ってしまったのは本当に申し訳なかったな~と反省しています。

 

スポンサーリンク

ブログのアクセスアップに必要なこととは?

アクセスが増えたって言ってるんだから、毎日更新はアクセスアップに繋がるんじゃないの?と思われるかもしれません。

確かに、毎日更新することでアクセスは増えました。ただこれは「毎日更新したから」アクセスがアップしたわけでは無く、「毎日更新した記事の中に検索エンジンからの流入が有った」ということなんです。

つまり、毎日更新したとしても、「そのキーワードで検索する人」がいなければ、たとえ1日に100記事書いたとしても、アクセスアップは見込めないでしょう。

そう、アクセスアップを目指すための最短の方法は、「キーワードを考えること」なんです。

 

スポンサーリンク

検索順位とアクセス数の関係

そもそも、検索エンジンからのアクセスを考えるのであれば、検索順位とアクセス数の関係についても把握しておくべきでしょう。少し古い情報では有りますが、Web担当Forumによると、検索順位とクリック率の関係は以下のとおり。

検索順位 Slingshot
(2011年)
Chitika
(2013年)
Catalyst
(2013年)
Caphyon
(2014年)
1位 18.2% 32.5% 17.2% 31.2%
2位 10.1% 17.6% 10.0% 14.0%
3位 7.2% 11.4% 7.6% 9.9%
4位 4.8% 8.1% 5.3% 7.0%
5位 3.1% 6.1% 3.5% 5.5%
1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、今週は、海外記事から2記事を注目記事としてピックアップ。検索結果での順位別クリック率の話題と、「今後ページランクは更新しない」とグーグルが明言した件だ。

もちろん、タイトルの分かりやすさや煽り方でクリック率は変わるものの、やはりTOP3位に入るかどうかで、単一のページのアクセス数は大きく違います。

だったら、検索で上位表示されることがアクセスアップの全てかというと、そうとも言い切れません。

 

アクセスアップは椅子取りゲームのようなもの

冒頭でアクセスアップのために「質」と「量」のどちらを重視するか、という話をしました。最近特に感じるようになったのですが、アクセスアップって「椅子取りゲーム」なんですよね。

仮に100個の椅子があったとして、「質」を重視する場合には、検索結果の上位表示を目指すことで、一定の割合の椅子を獲得する。一方で「量」を重視する場合は、ローラー作戦で数個の椅子をちょっとずつ獲得していく。

メンタリストのDaiGoさんの著書『ネガティブな人ほど運がいい! ?』の中で、運を向上させるために必要なのは「試行回数」と「精度」という話がありました。

「運を向上させる方法=ブログのアクセスアップ」と考えるなら、「試行回数=量」であり、「精度=質」と言い換えることができます。

ただ、ここで重要なのは、実は「量」でも「質」でもなく、「そもそも椅子が有るのかどうか」ということ。1,000個の椅子を取り合うのか、それとも椅子は10個しか無いのか。その「椅子の数」を意識することがスタートなんです。

 

キーワードの検索数の調べ方

自分の書きたい記事の検索数を調べるには、Google AdWordsの『キーワード プランナー』というサービスがおすすめです。

具体的な調べ方は、ブログマーケッターJUNICHIさん(@Junichi_Santa)のブログ記事が分かりやすいので参考にどうぞ。

https://junichi-manga.com/start-keyword-plannner-2016/

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

今回、1ヶ月毎日更新するにあたって自分に課したルールは2つ

  • 1,500文字~3,000文字の文章量
  • 間に合わせの記事を書かない

ただ更新するだけでなく、一定の文章量で公開することによって、記事の質を高めようとしました。しかし、結果が出た記事はごくごく一部です。書評系の記事は本の知名度に依存する部分が多く、WordPress系の記事は検索数の割に競合が多い……。

ブログサービスではなくWordPressでブログを運営することを選ぶ人は、自分で調べながらブログを育てていきたい人が比較的多いと思われます。でもその分、自分のカスタマイズやおすすめの設定を記事にしているんですよね(いまさら気がつくな、って話ですが)。

もしあなたが、できるだけ少ない手間でアクセスをアップしたいのであれば、キーワード調べる人の質や、そもそもの検索数など、「キーワードについて深く考えること」が何よりの近道になるでしょう。

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。