ひと味違ったWordPressにカスタマイズしたい。

でも、カスタマイズの知識なんて無いし…。そんなブログ初心者でも、コピペするだけで簡単にWordPressをパワーアップできる記事を集めました。

というか、正直に言うと、僕のブログに導入しているカスタマイズで記事を書こうと思ったものの、参考にさせて頂いた記事が分かりやすすぎたので、自分で記事を書くのを諦めたカスタマイズです(笑)

 

ヨメレバ・カエレバをおしゃれなレスポンシブデザインにしたい

ヨメレバ・カエレバのデザインを変更

ブログを運営していると、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトを使ってみたくなりますよね。特に、かん吉さん(@kankichi)が作成してくださっている『ヨメレバ』『カエレバ』は、最初にIDの設定さえしておけば、手軽に画像入りの商品紹介のボックスが作れるので、使っているブロガーさんも多いのではないでしょうか?

僕も、最初はWordPressのプラグインを利用していましたが、書評カテゴリを作ったり、2015年に買って良かったものをまとめたりと、使う頻度が高まってきたのでヨメレバ・カエレバを導入しました。このヨメレバ・カエレバを、おしゃれ&レスポンシブ対応するためのカスタマイズが↓の記事です。

こんにちはちゅんこ@shufulifeです! WordPressのテーマをSTINGER5に変更してみました。メモ的な意味も込めて、これからカスタマイズした箇所ををブログに書いてい … more

 

スポンサーリンク

ContactForm7をおしゃれなレスポンシブデザインにしたい

ContactForm7をおしゃれなデザインへ

WordPressには、問い合わせフォームを簡単に作成できる『Contact Form 7』という素晴らしいプラグインがあります。ただ、フォームを設置しただけで放置している人って、意外と多いんじゃないでしょうか?

スマホでのアクセスが増加している昨今、プラグインをインストールしただけのデザインではちょっと入力がしづらいので、スマホでも入力しやすいデザインに変更しましょう。↓の記事のコピペで簡単に導入できます。

https://inthecom.net/635

 

スポンサーリンク

「この記事が気に入ったら いいね!しよう」ボタンを追加したい

バイラルメディア風のSNSボタン

記事下にニュースメディアのようにアイキャッチとSNSボタンを設置するのってかっこ良くないですか?

アクセスアップに向けた仮説の設定記事でも参考サイトをご紹介させて頂きましたが、『マテリアル』という無料のWordPressテーマを利用する場合に特化した記事だったので、今回はその元になっている記事を紹介させて頂きます。

FacebookページやTwitterからの流入が、ブロガーにとっても大切な流入元となっていますよね。 そんなFacebookページのいいねやTwitterをフォローしてもらうためのオリジナルSNSボ

 

シェア数が取得できなくなったTwitterボタンを修正したい

Twitterのシェア数を取得できるように修正した画像

Twitterが公開していた、シェア数をカウントするためのプログラム(API)が2015年10月に公開中止になりました。これを修正するための方法が↓の記事です。

コピペでOKとはいえ、ちょっとややこしい方法なので、参考記事をちゃんと読みながらカスタマイズをすすめてくださいね

https://junichi-manga.com/twitter-share-count/

 

@アカウントが自動的にリンクが貼られるようにしたい

@付きのアカウントIDで自動的にTwitterリンク作成

記事の中で、TwitterのIDを記載することってないですか?僕の場合、記事の最後に「以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。」と結びを入れるのですが、毎回自分のプロフィールのURLを調べるのって面倒だな~と思ってたんですよね。

そんな「こまった」を解決する方法も調べればちゃんと有るんですよね。function.phpを変更する必要があるので、注意が必要では有りますが、こちらもコピペで簡単解決です(笑)

http://maro.sakanoueno.me/it/wordpress/post-2826/

 

本文の太字(ボールド)を蛍光ペンっぽくカスタマイズしたい

太字をすべてマーカー風に変更

記事の中で、太字(ボールド)を使うことってあるじゃないですか。でも意外と太字にするだけじゃ目立たないんですよね。

そんな悩みがCSSにちょっと追記するだけで解決、しかも蛍光ペンでマーカーを引いたようになるなんて、当ブログのデザインモチーフのノートにピッタリで、速攻で導入しました!

皆さんはブログで強調文字をどれくらい使用されているでしょうか? 強調文字というのは、タグでいえば<strong>。文章中では「特に強調すべき部分」に使用するものですよね。 これ、普通に使うと太字になる

 

SEOに強いタイトルを考えたい

WordPressの管理画面でタイトルにテキストを入力すると自動的にカウント

検索エンジンに強いブログ記事の書き方でも触れましたが、記事タイトルの文字数ってものすごく大事なんですよね。特に、当ブログのように、Googleからの流入がYahooの3倍近くある場合、Googleの検索結果で表示される28文字で記事の内容が判断できないと、アクセスアップなんて夢のまた夢…。

そんなわけで、記事作成画面でタイトルを入力中、今なん文字かをリアルタイムに表示してくれるカスタマイズにものすごく助けられてます。書きたい内容に合わせたタイトルを考えたあと、削って削って28文字に。ちょっとしたことでも続けていけばきっと効果アップにつながっていくと思うんですよ。

参考:Wordpressの投稿画面にリアルタイムでタイトル文字数を表示させる方法 | studio9 personal

 

スクロールについてくるサイドナビが欲しい

ページスクロールに合わせて、サイドナビが付いてくる

WordPressテーマによっては、スクロール用のウィジェットが準備されていることもあります。でも、すべてのWordPressテーマに標準装備されているかというとそうでは有りません。

自分の使っているテーマにそんなウィジェット無いよ?という場合は、以下の記事を参考にプラグインを導入しましょう。

ただし、スクロールするコンテンツの下部の余白(margin)に気をつけないと、フッターにコンテンツが突き刺さってしまうので、設定は忘れずに

近頃では、様々なホームページで、記事をスクロールしたときに、サイドバーが追尾してくるような仕様のものをみかけるようになりました。 このような方法を使えば、特にブログ形式のように記事が縦に長くなりがちであるサイトの場合に、サイドバーのコンテンツのうち、特にサイト訪問者に対してアピールを行いたいものを適切に見せていくことが出来ます。 そこで、今回はWordPressにサイドバーウィジェットを追尾させる(フローティング)ことのできるWordPressプラグイン『Q2W3 Fixed Widget』のインストール方法と使い方について画像を用いて丁寧に活用したいと思います。 Q2W3 Fixed Widgetでできることと活用の際の注意点 このプラグインを使えば、下記の画像にあるように、メインカラム部分をスクロールした際に、サイドバーの指定したウィジェットを追尾させることが出来ます。(スクロールしてもサイドバーが追いかけてついてくる) 同様の機能を持ったプラグインは他にもありますが、設定が少々難しいものがほとんどです。 その点、この『Q2W3 Fixed Widget』プラグインは、サイドバーに配置したウィジェットに、追尾させるかどうかという設定項目を個別に行うだけの簡単操作でこの追尾機能を実装することが出来ます。 ちなみに、大手サイトなどでは、同様の機能を用いてAdSense広告を追尾しているものも見られますが、本来これは規約違反ですので、真似をしないようにご注意ください。 大手サイトなどの場合は、プレミアムアカウントと言って、Googleに特別扱いをしてもらい通常の規約では禁止されている行為が認められている可能性があります。 Q2W3 Fixed Widgetのインストール方法 WordPressへのログインとプラグインの新規追加 WordPressへのログイン後、『プラグイン』Ò『新規追加』をクリックします。 検索窓に『Q2W3 Fixed Widget』と入力し、Enterキーを押します。 検索結果に表示された『Q2W3 Fixed Widget(Sticky Widget)』のところの『いますぐインストール』をクリックします。 『OK』をクリックします。 プラグインの有効化 『プラグインを有効化』をクリックします。 Q2W3 Fixed

 

カテゴリ一覧ページに説明文を記載したい

カテゴリ一覧ページに説明文を表示する設定

カテゴリアーカイブ(カテゴリごとの記事一覧ページ)って、カスタマイズしてますか?そのカテゴリに関連した記事が集まっている、ということは、検索エンジンからの流入が見込めるページってことですよね。

そんな大事なページをほっておくのはもったいない。ほんのちょっとの工夫で、ユーザーさんにも(実は自分自身にとっても使いやすくなる)ので、ぜひ導入しておきましょう。

ブログではカテゴリーページが自動生成され、サービスやテーマ・テンプレートで表示方法は異なるものの、基本的に同カテゴリーの記事一覧が出力されます。 今までカテゴリーページにさほど気を使っていなかったのですが、記事数が増え、 &

 

「この記事を読むには○分必要です」と表示したい

記事のテキスト量に合わせておおよその読むのに必要な時間を記載してくれる

この記事を読むのにこれくらいかかりますよ~という目安時間を表示するためのカスタマイズです。

「通勤や通学中にちょっと読んで欲しい記事」や「腰を据えてじっくり読んで欲しい(というか力を入れて書いたのではてブとかしてくれると嬉しい)記事」など、目的に合わせた記事作成のためのちょっとした工夫。

さらに、「カスタマイズしてます感」がでて嬉しい(笑)

先日導入したWordpress用テーマ「マテリアル」ですが、新しい機能を勝手に追加してみました。

よく色々なブログサイトを見ていると、ページ上部に「約○分」という表示が出ていることがありませんで…

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

今回は、僕が「こんなに分かりやすくて詳しい記事があるなんて!」と驚愕した記事をまとめてみました。

自分にはhtmlやcssの知識もないし、そうそうカスタマイズなんてできないよ、って人も、落ち着いて記載内容の通りにコピペすれば、簡単にひと味違ったブログにカスタマイズできる記事ばかりです。

WordPressを使ってブログを運営している人は本当にたくさんいらっしゃるので、ちょっとしたカスタマイズでライバルに差をつけましょう!

 

息子だけでなく、自分が運営しているブログも可愛くて仕方ないTSUNJI(@tsunji1983)でした。