せっかくAdSenseから支払い方法登録のための連絡が来たのに郵便が届かない……

 

AdSenseは、現在の残高が10ドル(およそ1,000円)を超えると、ログイン画面の上部に赤い帯で「お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中となっています。」というメッセージが出ます。

ここで一定の操作を行い、Googleから郵送で送られてくるPINコードを入力することで、アカウントの確認が取れて、振込用の口座を入力することができるようになります。ここまできて初めてAdSenseがスタートする、と言っても過言ではありません。

しかし、ごくまれにこのPINコードが届かないことがあります。というか、僕が届かなくて焦りました……

そこで今回は、僕がPINコードが届くまでに調べたことや、実際に見落としていた部分について、ご紹介させていただきます。

 

PINコードはなぜ必要?

AdSenseで広告費を受け取る口座を登録するために必要です。

AdSenseによる広告収入が10ドル(およそ1,000円)を超えると、管理画面で↓のような表示がでるようになります。

AdSenseの管理画面に赤い帯が出現

これは、AdSenseの支払いを受けるのに必要な銀行口座を入力するために、セキュリティ上の観点から、クレジットカードにおける在籍確認のようなものが必要となっているのです。

赤い帯の「操作」をクリックすると、↓のような画面になり、住所等に間違いがなければ最下段の「PINのリクエスト」をクリックすることで、手続きが開始されます。

AdSenseのPINコード送信申請画面

 

スポンサーリンク

PINコードを入力しないとどうなるの?

広告収入がもらえません。また、最初のPIN発行から4ヶ月以内にPINコードを入力しないと、あなたのブログのAdSenseが非表示になります。

PINコードを登録して住所を確認→振込口座の登録、という流れのため、PINコードの入力が完了しないかぎりAdSenseの広告収入を受け取ることはできません。

また、公式ヘルプによると、

PIN は最初の発行日からアカウントに入力されるまで 4 か月間有効です。PIN を入力しないまま 4 か月が経過すると、お客様のページでの広告掲載が停止されます。

住所(PIN)確認の概要 – AdSense ヘルプ

とありますので、PINの入力を求められた場合には、早めの対応が必要となります。

 

スポンサーリンク

PINコードは申し込みからどれくらいの日数で到着するの?

1ヶ月以内を目安に考えましょう。

Googleから送られてくる郵便物、ということで、さすがに数日では届きません。公式には2~4週間で到着とのことなので、だいたい1ヶ月くらいはかかるもの、と気長に待つようにしてください。

「あれ?いつ頃PIN送付の申請したっけ?」という人は、「操作」をおした時の画面で、「最新のPIN生成日」という項目がありますので、そちらでご確認ください。

 

PINコードはどんなもの(郵便物)が届くの?

A5サイズ程度(15cm×21cm)で切り取り線付きのはがきが届きます。

こちら、公式ヘルプでは「11.4×15.2 cm(4.5×6 インチ)の白地の葉書」との記載がありますが、ほんの1月ほどまえに僕のところへ到着した郵便は、サイズが全く異なりました

15cm×21cmくらいで、三辺に切り取り線のついたものが送られてきたのです(まぁ、思いっきり「Google」という表記があるので、勘違いすることは無いとは思いますが……)

AdSenseのPINコード(郵便物)の縦幅は15cm

AdSenseのPINコード(郵便物)の横幅は21cm

 

PINコードが届かないときは?

3回までなら再送の申請が可能です。

PINコードを気づかずに捨ててしまった。引っ越したけどGoogleに登録している住所を変更するのを忘れていた、などの理由で、PINコードが届かなかった時は、再送信の申請をすることが可能です。

この時に注意が必要なのは以下の2点です。
① PINコードの再送信の申請ができるのは3回まで
② 一度PINコードの送信を申請すると、次回の申請が可能になるのは3週間後

赤い帯の「操作」をクリックして表示される画面の最下段の「新しいPINの再送信」をクリックすることで、申請が開始されます。

 

再送してみてもPINコードが届かないときは?

登録の住所に間違いが無いか確認してみましょう。

送信日時もチェックして、気をつけていたはずなのに、PINコードが届かない……。そんなときは自分の住所の登録内容について、もう一度確認してみましょう。

AdSenseに登録されている住所を確認する

特に注意が必要なのは「都道府県が選択されているかどうか」です。PIN送信のリクエスト画面では、市町村などの表記が正しいから、と油断していると、わりと見落としやすいところになります。

 

登録内容に間違いが無いのにそれでもPINコードが届かないときは?

身分を証明できる写真付きの証明を写真に撮るかスキャンして、Googleへ送るようにしましょう。

PINコードの再送信は3回まで申請することが可能です。ただし、それでもうまくいかない場合は、免許書やパスポートなどの公的文書の写真かスキャンデータを送付することで、本人確認を行うこともできます。

ただし、この方法は「3回のPINコード再送信が上手くいかなかった場合」にのみ、AdSenseの管理画面で手続きの詳細が確認できるとのことなのでご注意ください。

詳しくは、公式ヘルプのトラブルシューティングを確認しましょう。

住所(PIN)確認の概要 – AdSense ヘルプ

 

まとめ:特に注意すべきは都道府県を入力しているかどうか

僕の場合は「都道府県の入力漏れ」が原因でした。

市町村やマンション名などが正しく記載されていたので油断していましたが、住所登録画面でちゃんと確認してみると、都道府県が空欄になっていることに気が付き、修正してからPINの再送信をおこなったところ、だいたい2週間くらいで郵便が到着しました。

なかなか到着しないとドキドキしますが、登録情報や送信日程についてあせらずに確認してください。

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。