WordPressはとても便利なCMS(Content Management System)だとつくづく思います。特に『プラグイン』の存在は本当に重要です。

かつて、WordPressとCMSの双璧を担っていたMovable Typeが、昨今大きな差を開けられる原因となったのは、プラグインを利用することで、プログラミングに関する特別な知識が無くても、様々な機能を実装できることが大きな魅力となり、特にライトユーザーに受け入れられたからではないでしょうか。

今回は、数あるプラグインの中から、僕が仕事でWordPressを使ってサイト制作をするとき必ずインストールするプラグインについて、紹介してみたいと思います。特に企業サイトをWordPressで制作する場合、参考にしていただきやすい内容ではないかと思います。

補足

同じようなプラグインを導入して、不具合が起きたり、サイトの表示が重くなったりするのを避けるため、一気にインストールするのではなく、1つずつ『自分で試しながら』導入するかどうか決めてください。
また、ブログを作成したばかりならまだしも、運営途中でプラグインを実装する場合は、ローカルでもサブドメインでも良いので、テスト環境で動作確認をしてから、本番環境へ導入することをオススメします。

※同様の記事として、ブログ運営のためのプラグインについても考えてみました。よければ合わせて御覧ください。

 

サイト管理系

All in One SEO Pack

wordpress-plugin-corporate-01

紹介する必要あるの?というくらい超有名な、SEO対策を総合的に行うことのできるプラグインです。各ページごとにタイトルやメタタグを細かく設定できたり、Googleアナリティクスのアクセス設定が簡単にできたりと、かゆいところに手が届きまくります。設定する項目が多いので、ちょっととっつきにくいかもしれませんが、SEOを強化するために是非導入しましょう。

 

Google XML Sitemaps

wordpress-plugin-corporate-02

企業サイトを運営する際、内部構造(ページやブログ記事等)を正しく検索エンジンへ認識してもらうために、検索エンジン用のサイトマップ(sitemap.xml)を作成します。上記のAll in One SEO Packでも作成できるのですが、 出力されるsitemap.xmlがGoogleの推奨する内容になっているということで、こちらを使うようにしています。

 

PS Auto Sitemap

wordpress-plugin-corporate-03

Google XML Sitemapが検索エンジンにサイトの構造を知らせるためのものだとすると、PS Auto Sitemapは人間用にサイトのすべてのページの一覧を見せるためのものです。固定ページと投稿記事の両方に対応(任意で表示/非表示選択可能)しており、かつデザインも10パターン以上有るので、ある程度、どんなサイトにも導入することができるので重宝しています。

 

Custom Post Type UI

wordpress-plugin-corporate-04

担当者からのお知らせやスタッフ紹介、お客様の声など、全く違うデザインやカテゴリでコンテンツを作りたい、と言われることが有ります。カスタム投稿タイプという機能を利用することによって、まるで複数のブログのようにWordPressを運営することができます。

本来、このカスタム投稿タイプを利用するにはfunction.phpに情報を追記する必要がありますが、管理画面上のメニューを利用して追加・変更・削除をできるようにしてくれるのがこのCustom Post Type UIです。

 

Custom Field template

wordpress-plugin-corporate-05

同じくカスタム投稿タイプ関連のプラグインでもうひとつ、『更新は自社でやりたいんだ』と言われた時に使うのがこれです。いくらリッチテキストエディタでも、写真の取り扱いや細かいCSSまで先方に覚えてもらって、記事を作成してもらうのは困難です。

そこで、このプラグインを使う事によって、上記のように『ココにテキストを入れて』『次にココに写真を』といった形で、定型の記事作成画面を作成することができるのです。

 

Top Level Categories FV Top Level Categories

wordpress-plugin-corporate-06

通常、WordPressでブログの記事をカテゴリを分けすると、http://hogehoge.com/category/categoryname/entrytitleといった形で自分で設定したカテゴリの名前に加えて/category/というスラッグが生成されてしまいます。

正直、URLのも長くなるし、有ってよかったと思ったことがないので、いつも消えてもらっています。

補足

同様の機能は、別のプラグインや設定画面のパーマリンク設定のカテゴリーベースを調整することでも実装可能です。ただし、この手のスラッグ(URL)の 調整はページネーション(ブログ等にある次のページへという機能)でのエラーが発生する可能性があります(必ず発生するわけでは有りませんが)
その際、このTop Level Categoriesには『Top Level Categories Fix』という補助プラグインがあり、状況の改善を目指すことができます。

2015年11月30日追記

『Top Level Categories』は更新が8年前で止まっているので、別ののプラグインのほうが良いよ、とコメントいただきまして、『FV Top Level Categories』に変更しました。

 

Revision Control

wordpress-plugin-corporate-07

WordPressには、記事の更新履歴を複数世代に渡って管理してくれる『リビジョン』という機能があります。これは、やばい!間違って更新しちゃった!?という時に、変更前のものに復元できる非常に助かる機能です。

しかし、サイトの制作段階では細々とした調整のために、何世代か前のデータも保管が必要なものの、いざ公開した後はそこまで大幅にコンテンツが変更し続けるわけではないですし、あまり大量のリビジョンを保管したままだとサイト全体のデータ量も多くなってバックアップも大変なため、1世代分くらいの保存で充分です。

そこでこのRevision Control は必要なリビジョンの設定や、いらないリビジョンの削除もできるため、僕はサイトの公開直前に導入するようにしています。

 

Duplicator

wordpress-plugin-corporate-08

仕事でWordPressを利用するとき、新規の制作でないかぎりは、基本的に一旦テスト環境で構築した後、本番環境への移転が必要となります。DuplicatorはWordPressの諸設定も、DBの情報もまるっとバックアップして移転用のファイルを作ってくれます(インストーラー/アーカイブ)。本番環境では、WordPressをインストールした後、このインストーラーを起動することによって、一気にコンテンツを移転することができるのです。

 

BackWPUp

wordpress-plugin-corporate-09

Duplicatorと、機能としては似ていてWordPressのバックアップをとってくれるプラグインです。大きな違いは、スケジュールを決めて、バックアップデータをメールやDropboxへ送ってくれることです。復元に若干の手間がかかるので、大きな変更の前後のバックアップをDuplicatorで、定期的な簡易バックアップをBackWPUpで実施するようにしています。

 

Sponsored link

制作補助系

Breadcrumb NavXT

wordpress-plugin-corporate-10

一行程度のコードを入れるだけで、『パンくずリンク』を導入することができるプラグインです。TOPページへのリンクの名前を変えたり、カテゴリやタグの一覧ページでの表記を変えたりと、細かい設定が可能です。

 

Lazy Load Advanced lazy load

wordpress-plugin-corporate-11

特に画像をよく使うサイトや、ブログで利用しています。
ページが表示される際に一気にコンテンツを読み込むことで時間がかかってしまうのを避け、スクロールと連動して画像を見せることで、閲覧にかかるストレスを軽減させることを目的としたプラグインです。スクロールと完全に連動させたり、200pxくらい前から読み込みを開始させたりと、細かく調整が可能なのもありがたいです。

2015年11月30日追記

『Lazy load』より、『Advanced lazy load』のほうが、読み込み時間の調整が可能なので、プラグインを差し替えました。

 

EWWW Image Optimizer

wordpress-plugin-corporate-12

Googleではサイトの読み込み時間の長さもSEOに関係していると言われています。とくに画像が多いコンテンツでは、ユーザーのインターフェース上でのストレス軽減としてのLazy Loadに加えて、アップする画像そのものについてもサイズ軽減等の対応が必要となります。

EWWW Image OptimizerはWordPressのメディア機能を使ってアップロードした画像だけではなく、テーマ上にFTP経由でアップしたものについても圧縮設定ができたり、メディア機能でアップする際にも圧縮できるため、一定の表示スピードを保つためにも、ぜひ導入しておくことをおすすめいたします。

 

Contact Form 7

wordpress-plugin-corporate-13

今では、企業サイトだけでなく、ちょっとしたブログですら、『お問い合わせ』を準備していらっしゃるところがたくさん有ります。WordPressのプラグインとしてフォームを構築するには、このContact Form 7かMW WP Form が有名ですが、やはりContact Form 7の方が、利用者がたくさんいるためか、困ったとき(レスポンシブ対応やリアルタイムエラーチェック等)の情報を探しやすいため、僕はいつもContact Form 7を選んでいます。

補足 その1

確認画面の有無について
MW WP Form はフォームの確認画面がデフォルトで利用可能なため、顧客の要望でしっかりとした確認画面が必要な場合はMW WP Form を利用することもあります。もし簡易の確認画面で良い、という場合は『Contact Form 7 add confirm』というプラグインを追加で導入することで、Contact Form 7でも確認画面を準備することは可能です。

補足 その2

Contact Form 7に付随するプラグインとして、 Contact Form DBというものも有ります。
これは、WordPressの確認画面上で、フォームの受信内容を管理できるプラグインです。
一覧をCSVやGoogleスプレッドシートで出力できるため、別の社内ソフトとフォームの連携等で活躍してもらっています。

wordpress-plugin-corporate-14

 

Sponsored link

セキュリティ系

WP Multibyte Patch

wordpress-plugin-corporate-15

WordPressをインストールした時点で同梱されているプラグインの1つです。日本語サイトを運営する上では、後々不具合が発生しないように、最初から有効化しておくことをオススメいたします。

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入しておきましょう。

 

SiteGuard WP Plugin

wordpress-plugin-corporate-16

ログインURLの変更、ログイン失敗時のアラートの調整、コメント投稿時の画像認証など、セキュリティを向上させるプラグインです。特にログインURLの変更は、近年増加してきているログインファイル(wp-login.php)へのログイン試行攻撃を防いでくれるので、ビジネス系のサイトでは絶対にインストールしておきましょう。

あと、お客さんにWordPress本体やプラグインの更新が見えると、仕事してるか疑われてはいけないので、更新通知のON/OFFの切り替えは地味によく使います。

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

今回紹介させて頂いたプラグインは、あくまで一例だと思ってください。全く別のプラグインでも、同じような機能を実現する事ができるのが、まさにWordPressの醍醐味だと思います。

自分にあったプラグインを探して、自分だけのプラグインセットを作れると、複数サイトの構築がぐっと楽になるかもしれませんよ。

 

※同様の記事として、ブログ運営のためのプラグインについても考えてみました。よければ合わせて御覧ください。

Sponsored link