初めて触るWordPress。ワクワクしつつも、『ここ触って良いのかな?』とか『どこ変更したら良いの?』って思ったりしませんか?WordPressの管理画面のうち、特に最初はとっつきにくい『設定画面』と『プロフィール画面』について、何を変更できるのか順番に見ていきましょう。

※今回の記事はかなり縦に長い画像が出てきますのでご注意下さい。

設定画面

まずは設定画面から見てみましょう。左ナビの『設定』をクリックしてください。(左ナビで『設定』にカーソルを合わせ『一般』をクリックしても同じ画面が開きます)
wordpress-setting-recommended-12

一般

wordpress-setting-recommended-01

①キャッチフレーズの変更
ブログのサブタイトルがあれば設定しておきましょう。

②サイトアドレス(URL)の変更
※http://hogehoge.com/wordpress/のように、TOPディレクトリとは別の場所にwordpressをインストールした場合に設定を変更します。ただしWordPress(URL)は絶対に変更しないでください。管理画面にアクセスできなくなり、復旧に一定レベルの知識が必要になります。

③日付フォーマット
AMとPMってどっちがどっちだったっけ?とか思ったことはありませんか?その場合は24時間表記を選びましょう。

④週の始まりを日曜日へ
何故かデフォルトは月曜始まりになっています。カレンダーの表記に慣れているという人は、日曜始まりへ変更しておきましょう。

 

投稿設定

wordpress-setting-recommended-02

⑤更新情報サービスへの通知を設定
WordPressには、ブログ記事を作成した時に、『新しい記事を作成したよ!』ということを、各種の更新通知サービスに通知(ping送信)することで集客力を高めるための機能があります。どこにその通知をすべきかは、最新の情報を集めた方が良いので、『ping送信先 2015年10月』などで検索してみることをオススメします。

補足

↓の表示設定で、『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』にチェックを入れている場合は『サイトの表示設定に基づき、WordPress は現在更新通知サービスへ通知を送信していません。』と表示されます。ping送信の設定はサイト公開直後に実施すると良いでしょう。

wordpress-setting-recommended-03

 

表示設定

wordpress-setting-recommended-04

⑥『1ページに表示する最大投稿数』『RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数』を任意の数字へ変更
ブログの記事が集まりだすと、人気記事やオススメ記事をたくさん表示しくて右ナビが長くなることが有ります。高さに合わせて、表示件数を調整すると、見やすいブログになるかもしれません。また、記事が多くなるほど、ページネーションが増大し、何度も『次のページへ』を押さなければならなくなり記事を探しにくいので、10件位にしておくと良いと思います。

補足

ただし、1ページに表示する記事が多くなるほど、当然読み込みにも時間がかかるようになります。表示にかかる時間が長くなりすぎると、そもそも見てもらえなくなる可能性がありますので、自分のブログの状況(選んだテーマやレンタルサーバー、高速化設定など)に合わせて調整するように気をつけましょう

⑦RSS/Atom フィードでの各投稿の表示を『抜粋』へ
ここが『全文』になっていると、Feedly やLive Dwango ReaderなどのRSSリーダーでブログの更新情報をチェックしてくれているユーザーが、新しい記事をRSSリーダー上で全て読めてしまうため、サイトのアクセスにつながりません。『詳しくはブログへ』などと、ちゃんと誘導しましょう

⑧検索エンジンでの表示の『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』にチェックを入れておく
これは、未完成のコンテンツがGoogleやYahoo等の検索エンジンに登録されるのを避けるためです

WordPressをインストールしたばかりの時、このチェックは入っていません。自身で検索エンジンへの登録をしたり既存のサイトからリンクを貼ったりしないかぎり、すぐに検索エンジンに登録されることは無いとは思いますが、サイトが完成するまで(テーマを決めたりプラグインの導入が完了する)チェックを外すのは待った方が良いでしょう。

 

ディスカッション

wordpress-setting-recommended-05

ここはブログへのコメントを受け付けるか等を中心に設定できる箇所なのですが、運営の方針によって、取るべき設定は様々かと思われます。参考程度に御覧ください。

⑨投稿のデフォルト設定>新しい投稿へのコメントを許可する
そもそもコメントを受け付けるかどうかを選ぶ場所です。コメントは必要無い、という場合はチェックを外しましょう。(個別の記事を書く際にコメントを許可するがどうか選ぶこともできます)

⑩他のコメント設定>名前とメールアドレスの入力を必須にする
コメントする際にメールアドレスの入力があると、スパム系のコメントは少なくなります。同時に、アドレス入れないといけないならめんどくさいからコメントしない、という人も現れる可能性があります。

⑪他のコメント設定>『古い』コメントを各ページのトップに表示する
コメントを日時の新しい順か古い順かで並べるための設定です。サイトは上から順番に読まれていくので、僕は一番下が新しいコメントになるよう、デフォルトの『古い』のままで使っています。

⑫コメント表示条件>コメントの手動承認を必須にする
コメントが投稿されても、『管理者の承認待ち』としすぐに公開しないための設定です。

 

メディア設定

wordpress-setting-recommended-06

⑬画像サイズを任意に調整
3パターンの数値を入力することで、記事作成時などに画像をアップロードすると、自動的にそれぞれのサイズのサムネイルを作成してくれます。

⑭アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理
チェックを外した場合、すべての写真がhttp://hogehoge.com/wp-content/uploads/というフォルダに格納されます。予約投稿で記事等をいっぱい書く方で、画像のリンクと作成日がずれるのが嫌い(10月に11月分の記事を予約作成すると、当該の記事は11月に公開されるが、その画像やイラストは10月で自動生成されたフォルダに格納される)という人はチェックを外し、自分で決めたルールで保管するようにしましょう

※サムネイルを作成したくない場合

それぞれの数値に『0(ゼロ)』を入力すると、そのサムネイルは作成されません。もし画像は全て自分で作成するからサムネイルなんていらない!という場合は、3つのサイズパターンすべてに0を入れておくと良いでしょう。

wordpress-setting-recommended-07

 

パーマリンク設定

wordpress-setting-recommended-08

⑮共通設定を『/%postname%/』へ
デフォルトのhttp://hogehoge.com/?p=123 だと何のページか分からないので、各記事のURLを設定します。途中で変更することも可能ですが、以前のURLで獲得したリンクやSNSのシェアがリセットされてしまうので、最初にしっかり決めておきましょう。

%year% :投稿年
%monthnum% :投稿月
%day% :投稿日
%hour% :投稿時刻「時」
%minute% :投稿時刻「分」
%second% :投稿時刻「秒」
%postname% :投稿タイトル (投稿スラッグ)
%post_id% :投稿固有の ID 番号
%category% :カテゴリー名 (カテゴリースラッグ)
%tag% :タグ名 (タグスラッグ)
%author% :著者名

 

Sponsored link

プロフィール画面

wordpress-setting-recommended-09

上ナビの右の方、自分のWordPressのIDが表示されているあたりにカーソルをあわせると出てくるメニューでプロフィール画面の設定を見てみましょう。

wordpress-setting-recommended-10

⑯管理画面の色を変更してみる
これは本当に好みの問題ですが、僕の場合、複数のブログやWebサイトを運営している関係で、どのブログの管理画面かがなんとなくわかるように、ブログのキーカラーに近い色の管理画面を利用しています。

⑰サイトを見るときにツールバーを表示するのチェックを外す
ブログを閲覧している時、最上段に出るWordPressのメニューバーを邪魔だと思ったことは有りませんか?
以前はfunction.phpに、非表示にするための設定を書き込んでいましたが、チェックのON/OFFで簡単に選べるようになりました。

時々場所を忘れて、設定画面の方を探しまわるので、自分用のメモがてら、おすすめ設定として掲載させて頂きました。

⑱ニックネームを登録しブログ上の表示名を変更する
これはそこまで多く無いかもしれませんが、僕のようにサイトの管理画面をキャプチャして記事を書くことがある場合、なんの設定もしていない(ニックネームの設定&表示の変更)場合、右上にWordPressのユーザーIDが掲載されてしまいます。なので、仮でもいいので、ニックネームを登録し、ブログ上での表示を変更しておくことをオススメ致します。

補足

プロフィールの変更をしようとした時に、『プロフィールを更新』のボタンがクリック出来ないことがあります。これは、設定しているWordPressのパスワードが脆弱なもの(大文字or小文字のみの英数字や短い桁数)の場合に発生することがあります。

wordpress-setting-recommended-11

『パスワードを生成する』というボタンで、もう少しセキュリティの高いパスワードを設定してみてください(ボタンをおした時に表示されるものを使う必要はありません。該当欄に任意の文字列を打ち込み、最低でも『普通』となるものを探してみましょう)

 

Sponsored link

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

WordPressインストール直後の管理画面で設定しておいたほうが良いのでは?という部分を全部で18ケ所、ご紹介させて頂きました。

特に、WordPressをインストールした直後は、『設定』→『表示設定』→『検索エンジンでの表示』で『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』ということろを、必ずチェックしておくことをオススメします。作成途中のサイトを公開してしまい、本当ならばファンになってくれる人を逃してしまうのはもったいないですよね。

また、今回説明したのはあくまでシステムそのものの管理画面のお話です。WordPressで本当にカスタマイズすべきはその『外観』や『機能』。つまりデザインとしての『テーマ』や『プラグイン』ですよね。

選ぶ『テーマ』によって、そのカスタマイズのしやすさも、カスタマイズできる範囲も本当に様々なので、そこら辺はまた別の機会ということで。

Sponsored link