エックスサーバーを借りたからWordPressをインストールしたい

エックスサーバーには、WordPressを簡単にインストールする機能がありますが、さすがにボタンをポチッとするだけ!というほど簡単ではありません。

そこで今回は、Webに不慣れな人向けに、エックスサーバーにWordPressをインストールする手順を写真付きで解説します。

ちなみに、僕がWordPressでブログを運営するのにエックスサーバーを選んだ理由は↓

 

STEP1:データベースのユーザーを作成する

エックスサーバーにWordPressをインストールするためには、まず、情報を蓄積するデータベース(MySQL)の準備が必要です。

そしてそのデータベースも、いきなり作成はできません。

一番最初にやらなければならないのが、データベース(MySQL)を管理するためのユーザーの作成です。

 

①エックスサーバーのサーバーパネルにログインした後、真ん中下段の「MySQL設定」をクリック

MySQL設定

 

②「MySQLユーザー追加」をクリック

MySQLユーザー追加

 

③任意のIDとパスワードを記入して「MySQLユーザーの追加(確認)」をクリック

MySQLユーザーの追加(確認)

 

④内容を確認して「MySQLユーザーの追加(確定)」をクリック

MySQLユーザーの追加(確定)

 

スポンサーリンク

STEP2:データベース(MySQL)の作成

データベースを管理するためのユーザーを作成したら、WordPressをインストールするためのデータベースを作ります。

ちなみに、データベースは、WordPressをインストールする時に自動で作成することもできますが、複数のブログを運営する場合にどのデータベースがどのブログのものか分からなくなることがあります。あらかじめ自分にとって分かりやすい名前をつけておいた方が後々の管理がしやすいのでめんどくさがらずに設定しましょう。

 

⑤②と同じ画面で今度は「MySQL追加」をクリック

MySQL追加

 

⑥任意のデータベース名で文字コードを「UTF-8」選択し「MySQLの追加(確認)」をクリック

MySQLの追加(確認)

 

⑦「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリック

MySQLデータベースの追加(確定)

 

⑧データベースが追加されたことを確認

MySQLデータベースの追加を完了しました。

 

スポンサーリンク

STEP3:データベースにユーザー(管理者)を追加

「作成したユーザー」と「データベース」を関連付ける設定をして、WordPressインストールのための準備を完了させましょう。

 

⑨一覧の中で⑧で追加したデータベースに④で作成したユーザーが表示されていることを確認してから「追加」をクリック

作成したユーザーにデータベースのアクセス権を追加

 

⑩データベースへユーザーの追加が完了しました。

MySQLデータベースへのアクセス権の柄を完了しました。

 

 

STEP4:WordPressのインストール

やっとWordPressのインストールまで、進んできました。
後もう少しで、WordPress環境が構築できます。

 

⑪サーバーパネルのTOPページで左列下段の「自動インストール」をクリック

自動インストール

 

⑫タブの右側の「プログラムのインストール」をクリック

プログラムのインストール

 

⑬表示されるプログラムのうちWordPressの「インストール設定」をクリック

インストール設定

 

⑭ブログ名やWordPress用のユーザー名/パスワードを入力、データベースは「作成済みのデータベースを利用する」をチェックしてSTEP1とSTEP2の内容を選択しましょう。
データベースユーザーのパスワードを入力し「インストール(確認)」をクリック

インストール(確認)

 

⑮記載内容を確認後「インストール(確定)」をクリック
※エックスサーバーの契約直後であれば、ドメイン(http://hogehoe.com/)の直下にはindex.htmlが配置されています。特に利用することは 無いかと思いますが、WordPressインストール時に削除されますので、必要であればバックアップを取っておいてください。

インストール(確定)

 

⑯しばらく待つと、インストールが完了します。
さっそくWordPressへアクセスする場合は表示されているURLをクリック

WordPressのインストールを完了しました。

 

⑰WordPressのログイン画面です。
ユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリック

ユーザー名とパスワードを入力してログイン

 

⑱無事にログインできればインストールは完了です。

ログイン完了

 

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法まとめ

エックスサーバーにWordPressをインストールする流れをおさらいしておくと、

  1. データベースユーザーを作成する
  2. データベースを作成する
  3. データベースユーザーにアクセス権を付与する
  4. WordPressをインストールする

といった流れになります。

ちょっとだけややこしいなぁと感じたのが「データベースのユーザーを作成する必要がある」ということ。(他のレンタルサーバーだと、契約開始時のメール等で記載されていることが多かったので、まさか自分で作ることになるとは……)

ただし、ブログの運営を続けていると、プラグインなどをテストをするための環境や、人気のあるカテゴリを特化ブログとしてスピンアウトするなど、複数のWordPressを管理したくなることが多いです。

「誤って本番環境のデータベースをいじってしまい、ブログのデータがなくなった!」なんてことがないよう、明確な管理体制をつくることをおすすめします。

今回の記事で取り扱った「エックスサーバー」は、WordPressでブログを運営するのに最適なレンタルサーバーです。詳しい理由やメリットは以下の記事をどうぞ。

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。