iPhone7の色を活かせるケースが欲しい

 

我が家では、僕がiPhone7Plusのジェットブラック、妻がiPhone7のローズゴールドを購入することになりました。しかも妻のiPhone7は早々と到着。

僕も妻もスマホにはケースを利用する派のため、商品到着前に「なんか欲しいケースの条件って有る?」と聞いたところ、以下の要望が。

  • せっかくローズゴールドを買うので色が見える透明タイプ
  • 滑りにくい材質
  • ストラップ付けたい

 

そこで今回は上記の条件を満たしつつ、599円(9月15日の注文当時)とあり得ないほど激安価格だった『Provare iPhone7 エアークッションソフトケース|ストラップホール付』の購入レビューをお届けします。

 

Provareエアークッションソフトケース開封の儀

まずは開封と外観チェックをば。

 

▼シンプルな紙の封筒っぽいパッケージ

Provareエアークッションソフトケースの紙パッケージ

 

▼「ここから開けてね」的切れ込みから袋を破ると、中にはビニールに包まれた商品とメーカーロゴが印刷された紙が出現

Provareエアークッションソフトケースの内袋

 

▼取り出してみたところ

Provareエアークッションソフトケースを袋から取り出してみた

 

▼左側面。音量のON/OFFのところだけ開いてる

Provareエアークッションソフトケースの左側面は音量のON/OFFのところだけ開いている

 

▼下。電源ケーブルとスピーカーのところは開いてる。ストラップホールは両サイドに有り

Provareエアークッションソフトケースのストラップホールドは両サイドに有り

 

▼装着してみた

Provareエアークッションソフトケースを装着してみた

 

Sponsored link

Provareエアークッションソフトケースの激安なのにすごいと思ったところ

だいぶ安かったので、しばらくのつなぎに慣ればと思って買ったのですが、いい意味で裏切られました。マジか!?と思ったのは以下の3点。

 

コーナーをしっかり保護

Provareエアークッションソフトケースはコーナーが分厚くしかも隙間あり

iPhoneの液晶が割れてしまった人の多くが、落として角が地面にガツン!といったときにパリン!といくそうですが、本製品はコーナーがかなる分厚くて良さげ。しかも僅かに隙間が空いていて「なるほどこれがエアークッションか」と(笑)

 

サイドがスリムですごく持ちやすい

Provareエアークッションソフトケースは側面がスリムで持ちやすい

四隅がぶ厚めなのに対して、サイドは緩やかに絞られており、すごく持ちやすいです。妻の場合、iPhone5からの機種変更でiPhone7になったので、やはり大きく感じるらしく、この持ち安さは非常にありがたいです。

 

適度な厚みで液晶やカメラを保護

Provareエアークッションソフトケースはカメラや液晶が接地面にあたらないので安心

写真だとちょっとわかりづらいのですが、適度な厚みがあるので、机に置いたときなどに液晶やカメラが僅かに浮いた状態となり、接地面とぶつかるのを防いでくれます。

 

Sponsored link

Provareエアークッションソフトケースの注意点

非常に素晴らしい『Provare iPhone7 エアークッションソフトケース|ストラップホール付』ですが、1点だけ注意事項があります。

それは、全画面保護系のガラスフィルムが利用できない、ということ。

Provareエアークッションソフトケースは全画面型のガラスフィルムは使わない方が良い

全体的に、ケースのはしっこがかぶさる形になっているので、液晶だけでなく、前面をすべて覆うタイプのガラスフィルムだと、端の部分が重なるようになってしまい、ちょっとの力でもフィルムが破損してしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

僕が9月15日(木)に注文した当時は599円だった本製品。本日(2016年9月18日)時点のAmazonでは799円~と若干値上がりしていますが、それでもまだまだ安いですね。

iPhone7が発売したばかりということで、まだまだラインナップの少ないiPhone7ケースですが、この価格帯としては、非常に充実した機能を持っていて大満足です。その他のおすすめケースは以下の記事をどうぞ。

しばらく使ってみつつ、ケースの充実したころには、もう少し上位モデルを買ってみても良いかな~と思っています。

 

また、iPhone7ケース以外にも、液晶保護フィルムを中心としたアクセサリーを買っておくと、長く大切に利用できるのではないかと。

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。

Sponsored link