iPhone7 Plusのおすすめケースが知りたい

 

前回の記事では、iPhone7用のおすすめケースを「安さ」「機能」「安全性」でピックアップしてみました。

iPhone7 Plusを購入する人は、価格より機能面や安全面を重視するのではないかと思い、「クリア系」「多機能系」「アーマー系」の3つのカテゴリに分けておすすめケースを選んでみました。

※金額は2016年9月23日のAmazonの価格を記載

 

デザインが活かせるクリア系

特に新色のジェットブラックを手に入れたなら、色アピールしたくなりますよね?(僕のように)。そんな人にはクリアタイプ(透明タイプ)のケースがおすすめです。

 

米軍MIL規格取得の耐衝撃クリアケース

まずは、透明タイプでも耐衝撃性に優れたケース。全部で4色あり、クリアタイプ以外の3色は、フチの部分に色がついています。価格は2,230円。

 

なんと15gという「軽さ」

カバンに入れていて傷がつくのさえ防げれば、できるだけ軽いものが良いという人はこれ。なんと15gという軽さ……。さすがにちょっと薄い気もしますね。価格は699円とお財布にも優しいです。

※2017年1月14日現在、当商品はAmazonから削除されていました。

 

スポンサーリンク

iPhone7 Plusの利用シーンが広がる多機能系

iPhone7 Plusは画面も大きく、カメラもデュアルカメラで、携帯性よりも多機能性を重視した端末です。その多機能性を伸ばすためのケースを選んでみました。

 

今でもやっぱりストラップが好き!

上記のクリア系とどっちに入れるか迷いましたが、ここ最近はストラップをつける人も随分減ってきた印象があるので、機能拡張として多機能系カテゴリでのご紹介。価格は1,090円。

 

やっぱり手帳型が色々持ち運べて安心

僕自身、これまでのスマホでは手帳タイプのケースを愛用してきました。よく使うコンビニのポイントカードをいれたり、緊急用のお金(財布忘れたときとか)を忍ばせたり、様々な使い方ができます。他のケースに比べると重くなりますが、iPhone7 Plus本体より大きめなものが多いので、落下にたいする防御は強めな印象。価格は2,790円。

 

スポンサーリンク

超強力にiPhone7 Plusを守るアーマー系

iPhone7 Plusの大きさは「持ちにくさ」に、薄さは「曲がりやすさ」につながります。高いお金を出して買ったからこそ、超強力なケースでしっかり守りましょう。

 

二重構造&バンパーで落下に強い

TPU製のケースのさらに外側にバンパー(ポリカーボネート製のフレーム)という二重構造で持ちやすさと保護性を両立。マットな質感もおしゃれです(全7色)。価格は3,300円。

 

キックスタンドで動画が見やすい

強力な保護性に加えて、キックスタンドがついているので、ちょっと机に立てかけて動画の閲覧、なんてこともできます。特にiPhone7 Plusの画面は大きいので、活用シーンは多そうですね。価格は2,900円。

 

TSUNJI(@tsunji1983)的まとめ

iPhone7 Plus用ケースは、iPhone7用ケースに比べると、まだまだ種類も少なく、若干高い印象があります(iPhone7はサイズが同じなので、iPhone6sのケースも利用できる)。

だからと言って、ケース無しは傷がついたり折れ曲がったりと不安ですよね。

僕は、iPhone7 Plusのジェットブラックの到着待ち中のため、色をアピールしつつ耐衝撃性にも優れたクリアタイプのケース『【Spigen】 iPhone 7 Plus ケース, ウルトラ・ハイブリッド [ 米軍MIL規格取得 落下 衝撃 吸収 ]』を購入することにしました。

あなたなりの基準で、満足の行くケースが見つかりますように!

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。