Suicaって西日本(というか関西)でも使えるの?

iPhone7/Apple Watch Series 2には、クレジットカードやプリペイドカードを登録して決済に利用する「Apple Pay」という機能が搭載されました。この「Apple Pay」に登録できるカードの1つにJR東日本が発行している交通系ICカード「Suica」があります。

つまり、「Apple Pay」に「Suica」を登録しておくことにより、iPhone7やApple Watchさえ持っていれば、電車に乗れちゃうわけです。

ただ、ここで疑問が1つ。「Suicaって関西(というか西日本)で使えたっけ?」

そこで今回は、西日本(特に関西)において、「Apple Pay」で「Suica」の利用を考えている人向けに、Suicaのチャージや発行の申し込み方法を調べてみました。

 

【記事更新履歴】
  • 2016年10月7日 チャージ方法の記載内容の改定、およびJALカードSuicaの未対応予定の旨を追記
  • 2016年10月26日 Apple Payに「楽天カード」を登録できた、とコメントをいただき、公式サイトにて対応状況を再調査。「楽天カード」「ビューカード」ともに対応開始を確認できたので内容を修正。
  • 2016年10月29日 iPhone7でSuicaを利用するためのアプリがAndroidと同じ「モバイルSuica」ではなく「Suicaアプリケーション」だと発覚。全体的な内容を修正しました。
  • 2017年2月24日 チャージ方法に「クレジットカード」を追記しました

 

Suicaって何?年会費とか必要?

「Suica」はJR東日本が発行している交通系ICカードです。JR西日本は「ICOCA」ですね。JR九州には「SUGOCA」なんてものもあります(笑)

事前に入金(チャージ)しておくことで、電車の乗車はもちろん、様々な店舗の支払い方法として活用できます。

通常のSuicaカード(定期券含む)は年会費無料で利用できますが、Suica機能付きクレジットカードは、それぞれの会社で年会費がかかるものもあります

ビューカードのSuicaはApple Payに移行できない。でもクレジットカードは登録可能。

ちょっとややこしいのですが、ビューカードのように「クレジットカード」+「Suica」の機能を持つカードの場合、カード内のSuicaをApple Payへ移行することはできません。

ただし、クレジットカードとしてはApple Payで利用可能なため、JR公式アプリでSuicaを発行しつつ、ビューカードで料金を支払う、といった運用は可能です。

 

Sponsored link

Suicaを利用できる店舗について

そもそも、Suicaは関西でも利用できるのかというと、もちろん利用可能です

主要のコンビニやビックカメラ・ヨドバシカメラなどの家電量販店、紀伊国屋やBOOK OFFなどの書店と、関西でも使える店舗がたくさんあります。まあ、個人的な利用方法で言うと、現時点ではコンビニでちょっとした食料品を購入するときくらいしか使うイメージがありませんが……

参考:Suicaが使えるお店|Suica電子マネー:JR東日本

参考:ICOCA電子マネータウン |JR西日本

 

Sponsored link

関西在住の人間がiPhone7用にSuicaを入手する3つの方法

次に、関西の人間がiPhone7で利用するために、Suicaを入手する方法について考えてみました。

ちなみに、登録するクレジットカードにビューカードを選択する場合を除いてアプリの利用には年会費(税込1,030円/年)がかかりますのでご注意ください。

iPhone7専用「Suicaアプリケーション」は年会費無料(2016年10月29日更新)

ペンパイナップルアップルペン様よりご指摘いただき、僕の勘違いが発覚しました。

記事作成当時、iPhone7でSuicaを利用するためのアプリは、Androidと同じ「モバイルSuica」だと予想していました。しかし、2016年10月25日のApple Pay開始と同時にiPhone7専用の「Suicaアプリケーション」というアプリが登場。

このアプリは、入会費・年会費ともに無料で利用可能です(通常、Suicaを作成するときに必要なデポジット500円も要りません)。

これに伴い、Suicaを入手する方法も、記事作成当時の4つから3つに変更しました。

 

1.「Suicaアプリケーション」で作成する【◎】

2016年10月25日のApple Payの開始に合わせて、「Suicaアプリケーション」というiPhone専用アプリが登場しました。(Android版アプリ「モバイルSuica」とは別物なのでご注意ください)

Apple PayでのSuicaサービス:JR東日本

本アプリであれば、入会費・年会費ともに無料でSuicaを利用することができます

Apple Payに対応するクレジットカードが無くても大丈夫

(匿名希望様よりの情報提供を受け2017年2月26日追記)

Apple Payに対応していないクレジットカードしか持っていない場合でも、Suicaアプリケーション内で作成するSuicaの種類に「My Suica(記名式)」を選択することで、Suicaアプリケーション単体でのチャージが可能となります。

詳しくは、下記の「2.Suicaアプリケーション登録できるクレジットカードでチャージする」をご確認ください。

 

2.関東在住の友人に作成してもらう【△】

関東に住んでいる友だちに代理で作成してもらったり、あまっているSuicaをもらったりして、登録するのも有りですね。ただし、Suicaには誰でも使える無記名版と、名前を登録した本人しか使えない記名版がありますのでご注意ください(記名版だと紛失時のSuica内のチャージ料金の補償有り)。

 

3.ネットオークション等で購入する【△】

ヤフーオークションなどで検索すれば、だいたい1,500~2,000円くらいで入手可能です(デポジット500円・IC残額500円の場合/東京駅開業100週年記念Suicaとかは別)。

 

関西でも利用できるSuicaをチャージする3つの方法

最後に、Suicaを入手してiPhone7に登録したとして、チャージ(入金)する方法についてまとめてみました。

iPhone7にSuicaを登録した時点で、元のカードのSuica機能は利用できなくなります。そのため券売機等でのチャージは利用できない可能性・大

また、Suicaの「オートチャージ機能」は首都圏などの専用の改札でなければ動作しないため、こちらもNG。

首都圏以外では以下の3つくらいしか方法がなさそうです。

 

1.Apple Payでチャージする【○】

Apple Payに登録したクレジットカードを利用して、Suicaのチャージができます。ただし、Apple Payに対応しているクレジットカードが必要です。

3大キャリア(au、Docomo、SoftBank)は、それぞれが発行しているクレジットカードについてApple Payに対応する旨を名言していますが、利用者の多い「楽天カード」や「Yahoo! JAPANカード」は対応していません(楽天カード、Yahoo!JAPANカードともに対応を開始しました)。

ご自身がお持ちのクレジットカードが対応しているかどうかについては、カード会社のホームページをご確認ください。

(ブログ等で一覧を作成作成されておられる方もいらっしゃいますが、正式に対応を発表していないカード会社でも利用可能と記載していたり、カード会社の対応状況が変わったりする場合がありますので、かならず公式サイトにてご確認ください

Apple Payに登録したクレジットカードでSuicaのチャージが可能

楽天カードがApple Payに対応開始(2016年10月26日更新)

やす様より「楽天カード」をApple Payに登録できた、と貴重なコメントをいただきました。公式HPでも、以下のとおり対応開始のニュースリリースを確認できました。

楽天カード: Apple Pay登場。

ビューカードもApple Payへの対応を開始(2016年10月26日更新)

記事を作成した2016年10月7日時点では、Apple Payへの対応不明となっていた「ビューカード」。2016年10月26日時点で、対応開始のニュースリリースを確認できました。

Apple Pay:ビューカード

また、同じく10月7日時点でサポートダイヤルに電話させていただいた際は、「グループ全体としてApple Payへ対応する予定は無い」と回答をいただいた「JALカードSuica」についても、上記のページの対象カードとして掲載されており、問題なく利用できることが分かりました。

Yahoo! JAPANカードもApple Payへの対応を開始(2017年3月3日更新)

本日(2017年3月3日)、Yahoo! JAPANカードのサポートより、Apple Payへの対応を開始した旨の連絡が来ました。

Apple Pay – Yahoo!カード

 

2.Suicaアプリケーション登録できるクレジットカードでチャージする

(匿名希望様よりの情報提供を受け2017年2月24日追記)

Suicaアプリケーション内で作成するSuicaには「Suica(無記名)」「My Suica(記名式)」「Suica 定期券」という3つの種類があります。

関西においては、定期の利用ができないため「Suica(無記名)」か「My Suica(記名式)」を選ぶことになるのですが、「My Suica(記名式)」の場合、Apple Payに対応していなクレジットカードでもチャージができるとのこと。

▼以下、コメント引用

アプリで購入する際、「Suica」ではどうしてもApple payで支払わなければならず購入できません。しかし、2番目の項目「My Suica」であれば購入が可能でした。

My Suicaを選択後、個人情報を入力していきますが、最後にクレジットカードを登録するかの選択があります。「登録する」を選択するとクレジットカードの情報を入力する項目が出現します。この方法でなら、〝Suicaアプリ内で情報の照会が行われる〟ため、Apple payを通さずにSuicaを取得することができました。

 

3.対象店舗で現金を使ってチャージする【△】

ICOCAが使える(=Suicaが使える)コンビニやイオンであれば、現金でのみチャージが可能です。ただし、一部取り扱いの無い店舗(ICカード決済をやってないとことか)もありますので、ご注意ください。

 

3.パソコンを利用してチャージする【×】

パソコンを持っている人であれば、Suicaの公式Webサイトで入金することも可能になると思われます。ただし公式サイトに登録できるクレジットカードはビューカードだけですし、さらに「FeliCaポート/パソリ」のようなICカードリーダーも必要となります。

ビューカードがApple Payへの対応を開始しましたので、もしビューカードを所持している場合は、わざわざパソコンから入金しなくても、Apple Pay上でチャージが可能と判明しました。

 

iPhone7のSuicaは関西でも使えるの?まとめ

今回は、関西で「iPhone7×Suica」を利用する方法について調べてみました。基本的には、JR東日本公式の「Suicaアプリケーション」でSuicaを発行すれば問題無さそうです。

支払いに関しては、

  • Apple Payに対応するクレジットカードカードを持っている→アプリ内でApple Pay決済
  • Apple Payに対応していないクレジットカードを持っている→「My Suica(記名式)」を選択する場合に限りアプリ内決済
  • クレジットカードを持っていない→コンビニ等での現金チャージ

で運用可能です。

Suicaアプリケーションの始め方や、使っているうちに感じた疑問点については以下の記事でまとめています。

もし、Apple Payに対応するクレジットカードを持っていない場合は、「1回でも利用すれば年会費が無料」&「関西に実店舗がある」という理由で、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

参考2017年4月30日まで最大6,000円相当のポイントが貰える入会キャンペーン実施中!ビックカメラSuicaカード

 

また、僕自身はiPhone7 Plusを購入しましたが、どちらにしようか迷っている人もいますよね?20人分の口コミを集めて比較してみたので、よければ以下の記事も合わせてご確認ください。

 

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。

Sponsored link