ダイエット

【初心者向け】活動量計の選び方【最初は5,000円以下がおすすめ】

活動量計を買ってみたいけど、どれを選べば良いか分からない!

活動量計は、「ダイエットのために毎日の歩数を調べたい」とか「体調管理のために睡眠時間をチェックしたい」など、自分の健康と向き合う上で非常に便利なツールです。

しかし、いざ購入しよう!と思ってAmazonや楽天で調べてみても、ものすごくたくさんの種類と値段の商品が見つかってしまい、どうやって選べば良いか分かりませんよね。

僕自身、初めての活動量計を選ぶ時はものすごく悩んでなかなか購入できず、最終的に当時のAmazonの活動量計の売れ筋ランキングで1位の商品を購入してみました。(ただ、この商品自体はちょっと失敗で、結局現在使っている活動量計は3台目になります)

そこで今回は、初心者向けに、どんなところに注意して活動量計を選べば良いかをまとめてみました。

 

初心者が活動量計を選ぶ3つのポイント

いきなり有名どころは買わないでOK

「活動量計 おすすめ」と検索すると『GARMIN(ガーミン)』や『Fitbit(フィットビット)』など、2~3万円する活動量計がおすすめ商品として紹介されています。

たしかに、有名メーカーの活動量計は機能的にすごく充実していますし、各種のセンサーも高性能なので、正確な歩数や心拍数を計測してくれます。

しかし、初めて活動量計を購入する人にとっては「機能的に優れているかどうか」より、「ちゃんと身につけ続けることができるかどうか」の方が圧倒的に重要なんですよ。

時計のように必要な時に身につければいいものと違って、活動量計はお風呂や充電している時間以外はずっと手首に装着しますよね。

どんなにコンパクトな活動量計であっても「手首にものを巻いている感触」があるので、それに慣れることができなければ使い続けるのは難しいでしょう。

「高い活動量計を購入したけど、寝ている時に付けるのが気持ち悪くて結局使わなくなった……」なんてことになったら、めちゃくちゃもったいなくないですか?

まずは3,000円~5,000円くらいの活動量計を買ってみて、「ちゃんと身につけ続けることができるか」や「どんな機能があれば嬉しいか」を確認するようにしましょう

 

バンドの交換ができるもの

活動量計のバンド(ベルト)やバックル(留め金部分)は、ゴムやシリコン製のものが非常に多いです。

実はこのバンドやバックル部分は、素材や形状によって非常に壊れやすい可能性があるので注意してください。

特に

  • バックル部分もゴム・シリコンでできているタイプ
  • ベルトの穴に留め金を差し込んで装着するタイプ

は、ハズレのベルトだと3ヶ月ほどでちぎれてしまうことすらありえるんです……

あわせて読みたい
LETSCOMの活動量計ID101HRレビュー:機能は充分だが耐久性に注意!LETSCOMの活動量計『ID101HR』ってかなり人気だけど実際のところどう? Amazonの活動量計の売れ筋ランキングで1位(...

ですので、もしもの時に備えて替えのベルトが別売りされているタイプの活動量計を選ぶようにしましょう。

 

電池の持ちが良いもの

活動量計には、1日~数日ごとに充電しながら使うタイプとボタン電池で1年間くらい使い続けることができるタイプがあります。

ほとんどの活動量計は前者の充電しながら使うタイプなのですが、最低でも3日、できれば1週間くらいは電池が持つ活動量計を選ぶようにしましょう。

活動量計を使う上での最悪のパターンは

  1. 電池が1日くらいしか持たないものを選ぶ
  2. すぐに電池が切れる
  3. 充電器に挿したまま忘れる
  4. 装着する習慣がなかなかできない
  5. 面倒くさくなって使うのをやめる

の流れです。

これを避けるためには、ある程度電池の持ちが良い活動量計を選ぶとともに、お風呂の間に充電する、などのルーティーンを作るのがおすすめです。

※もともと電池の持ちが良い活動量計を選べば、何回か充電するのを忘れても電池が切れる前に充電しなければならないのを思い出せるので、「付けようと思ったら電池が無かった……」という事態を避けることができるので。

 

初心者におすすめの活動量計BEST3

BEST3:Hokonui スマートウォッチ

Hokonui
¥4,399
(2018/09/21 01:39:07時点 Amazon調べ-詳細)

電池の持ちが10~15日とかなり長いのに加えて、替えのベルトも2本ついているので、長く安定的に使うことができます。

また、モニターがカラーのため、外で運動するときに画面が確認しやすくなっています。

(普通の活動量計は黒画面に白文字で、太陽の下だと輝度が足りずに画面が見えづらいことがある)

 

BEST2:GanRiver SW328

GanRiver
¥3,590
(2018/09/21 01:39:08時点 Amazon調べ-詳細)

『GanRiver SW328』はコンパクトタイプには珍しい、時計の「○時○分」が横並びで表示される活動量計です。

腕を傾けると画面が点灯するので、「時計を付ける習慣はある」という人が活動量計に乗り換える際にはピッタリでしょう。

詳しいレビューは『GanRiverの活動量計SW328レビュー:時計として使いたい人におすすめ!』という記事にまとめています。

あわせて読みたい
GanRiverの活動量計SW328レビュー:時計として使いたい人におすすめ!時計として使える活動量計って無いの? 僕が活動量計を常に身につけるようになって約1年が経ちました。 ここ最近、「どうせ一日中...

 

BEST1:VIEKUU スマートウォッチ

Viekuu
¥3,499
(2018/09/22 00:40:13時点 Amazon調べ-詳細)

活動量計のメーカーとしてはマイナーですが、「歩数計」「心拍数」に加えて「血圧」まで自動的に計測することができます。

キャンペーンで3,000円を下回る価格になることがあったり、150~200円程度追加で払えば替えのベルトがついてきたりと、完全に「初めて活動量計を購入する人向け」の商品と言えます。

詳しいレビューは『VIEKUUの活動量計B076Q86PHXレビュー:3000円は思えない機能性に感動』という記事にまとめています。

あわせて読みたい
VIEKUUの活動量計B076Q86PHXレビュー:3000円は思えない機能性に感動活動量計で心拍や血圧も測れるタイプって有る? 活動量計は、装着していてもほとんど気にならないコンパクトさに加えて、ちょっとした運動...

 

初心者向け活動量計の選び方まとめ

初心者が活動量計を選ぶ時の3つのポイント
  • いきなり有名メーカーを選ぶ必要は無い
    (5,000円以下のものでOK)
  • バンド(ベルト)が交換できるものを選ぶ
  • 最低3日、できれば1週間くらい電池が持つものを選ぶ

繰り返しになりますが、これから活動量計を使い始める人にとって最も重要なのは、「常に活動量計を装着した状態に慣れることができるか」です。

また実際に使うことで、「ウォーキングの距離が正確に測れるものが良い」とか「わざわざ時間設定しなくても、自動的に睡眠時間を計測してくれるものが欲しい」など、活動量計に対する様々な要望も見えてきます。

この段階になって初めて、『GARMIN(ガーミン)』や『Fitbit(フィットビット)』のような有名メーカーの活動量計で探してみると良いでしょう。

以上、TSUNJI(@tsunji1983)でした。