34歳で購入したマイホーム

エアコン取り外し&取り付けが8千円!?引越し侍紹介の業者が激安♪

引越し業者のエアコンの取り外し&取り付けはすごく高いって知ってますか?

僕はこれまで、単身者の賃貸アパートでの引越ししか経験してこなかったので、結婚し子どもが生まれて初めて、引越しとともにエアコンの取り外し&取り付けを経験しました。

大手の引越し業者で見積もりを取ったところ、引越し代金とは別にエアコンの取り外し&取り付けにかかる費用として提示されたのはなんと1台あたり2万円……

「自分でやれば安くなるかな……。でもそんなに簡単じゃないよね……」と悩んでいたときに連絡が来たのが『エアコンサポートセンター』でした。

実は、引越し業者の一括見積もりのために『引越し侍』というサイトを利用したのですが、系列会社である『株式会社エイチーム引越し侍エアコンサポートセンター』という業者から、「良ければウチでエアコンの取り外し&取り付けをしませんか?」と営業電話がかかってきたんです。

いつもなら、この手の営業電話は「いえ、自分で調べるんで大丈夫です」とバッサリ断るんですが、ちょうど悩んでいたこともあり詳しく話を聞いてみることに。

すると、1台あたり8,000円とかなりの安さでエアコンの取り外し&取り付けができることが分かりました。

そこで今回は『エアコンサポートセンター』と通常の引越し業者のエアコン取り外し&取り付け価格の違いや、利用の流れについてご紹介させていただきます。

大手引越し業者のエアコンの金額

まずは、僕が訪問見積もりをしてもらった大手引越し業者のエアコン工事の価格についてご紹介させていただきます。

(2014年購入の12畳用エアコンと2016年購入の6畳用エアコンを所持しています。年式の古さやエアコンの大きさによって、金額が異なる可能性がありますのでご了承ください)

アート引越センター 1台あたり15,000円~
サカイ引越センター 1台あたり20,000円~
アーク引越センター 1台あたり18,000円~
アリさんマークの引越社 1台あたり9,500円~
ハート引越センター 1台あたり10,000円~

これは基本工事の価格で、室外機の設置場所やホースの延長有無によって、部品交換などにさらに数千円~1万円程度は追加費用がかかるとのことでした。(特に2014年購入のエアコンについては、ホースの劣化がひどいので確実に交換が必要)

また、2台だからといって割引されることも無く、単純に2倍の費用がかかるそうです。

 

エアコンサポートセンターの工事費用

大手引越し業者が1~2万円のエアコン取り外し&取り付け費用だったのに対し、エアコンサポートセンターの工事費用はなんと8,100円!(取り外し5,400円+取り付け2,700円)

また、2014年購入のエアコンで懸念されていたホースの交換については、取り付け+必要なホース(長さ不問)で最大12,960円の『安心パック』というキャンペーンも用意されいて、こちらもかなり安いです。

申し込み時のメールでは、「こんな場合にはいくらの追加費用がかかりますよ」という金額が全て明記されていて、非常に分かりやすかったです。

 

▼以下、申込み完了メールに記載されていた作業内容

エアコン取付け【基本工事内容】○
1.配管用の穴あけ1カ所(木材・サイディング)
2.エアコン本体(室内機)の取付け
3.配管類の取付け(テープ巻き仕上げ)
4.エアコン室外機の取付け(大地置き・ベランダ床置きの場合)
5.真空引き作業(ガス漏れ確認)
6.動作確認

エアコン取外し【基本工事内容】〇
1.ポンプダウン作業
2.エアコン本体(室内機)の取外し
3.エアコン室外機の取外し(大地置き・ベランダ床置きの場合)
4.配管類の取外し
5.配管穴のパテ埋め

 

▼同、追加作業内容

◎追加工事料金◎

(参考例)家電の設置状況、お客様お持ちの家電によっては現地にて、追加工事料金が掛かる可能性がありますのでご了承の程お願い致します。

※ エアコン本体(室内機)と室外機以外の部材(配管など)で、以前利用していたものが再利用できない場合
参考:配管2分3分1m:3,000円 配管2分4分1m:4,000円

※ 室外用化粧カバーをご希望される場合
参考:室外用化粧カバー(4mまで):10,800円(税込)、1m延長:3,780円(税込)
(別途専用パーツが必要な場合追加で料金が発生いたします)

※ 室内用化粧カバーをご希望される場合
参考:室内用化粧カバー(2mまで):13,500円(税込)、1m延長:4,860円(税込)
(別途専用パーツが必要な場合追加で料金が発生いたします)

※ コンセント等の形状が異なる、エアコン専用のコンセントがない場合
参考:コンセント交換:3,240円 電圧切り替え:6,480円~ エアコン専用回路増設:16,200円~

※ エアコン穴がない場合
参考:タイル、煉瓦穴あけ1カ所:11,880円~ 鉄筋コンクリート:22,000円~

※ ガスの入れ替えが必要な場合
参考:ガスチャージ 21,600円~

※ エアコンの機種によって異なる専用ホースが必要な場合(お掃除機能・加湿機能などがついている機種は必要となる場合がございます)

※ 配管穴の入口から出口の長さが20cm以上の場合

※ 室外機を大地置き・ベランダ床置き以外に置く場合
参考:壁面(室外機専用ベランダ)に取付ける場合。室外機専用ベランダへの設置はベランダ床置きとは異なります。

※ 梯子を使用させて頂く場合、上記とは別に高所作業費が必要となる場合がございます
一例になりますが、ご参考にして頂ければと思います。

 

エアコンサポートセンターと引越し業者の併用について

『エアコンサポートセンター』と引越し業者を併用する流れは以下のようになります。

  1. 引越し前日にエアコンサポートセンターのスタッフがエアコンを取り外し
  2. 引越し当日に引越し業者がエアコンを含めて荷物を運搬
  3. 引越し翌日にエアコンサポートセンターのスタッフがエアコンを取り付け

ちなみに、「別の業者にエアコンの取り外し&取り付けを依頼すると、引越し業者がよく思わないのでは?」と不安になる方もいるかもしれませんが、僕が訪問見積もりで対応した引越し業者の担当者で嫌な顔をする人は1人もいませんでした。

「エアコンサポートセンターというところでエアコンの取り付け&取り外しをしようと思っているんですが……」と伝えると「あ、そうなんですね。じゃあ運搬のみで見積もり作りますね~」と軽い感じでした。

中には「ウチで工事すると高いですからね~」とぶっちゃける方もいました(笑)

 

エアコンサポートセンターのデメリットについて

価格的には非常にメリットの多い『エアコンサポートセンター』ですが、1点だけデメリットがあります。

それは、引越し日当日の工事が無理だということ。

引越し業者自体が「○時にかならず開始する」といったことが不明なため、『エアコンサポートセンター』のエアコンの取り外しは「引越し前日」、取り付けは「引越し翌日」になります。

(引っ越しは朝イチで実施するから夕方からなんとか取り付けしてもらえないか?と交渉してみましたがダメでした……)

なので、特に夏や冬のエアコンが必須の時期に引越しをする場合は、「ある程度高くても引越し業者に取り外し&取り付けを依頼する」か「引越し前後の暑さ・寒さ対策を準備する」とった代替案が必要になります。

我が家の場合、引越しは11月半ばで寒い時期でしたが、新居に1台だけ展示用の小さいエアコンが設置済みだったので、家族4人で身を寄せ合って耐えました(笑)

 

まとめ

2台ともベランダのある部屋に、特別なことは何もせずに設置しました。

実際にかかった費用は

  • 2014年購入のエアコン:安心パック 12,960円
    (ホース劣化のため総取り替え)
  • 2016年購入のエアコン:通常料金 8,100円

で総額2万円ちょっとにおさえることができたのですごく満足しています。

『エアコンサポートセンター』は「引越しの忙しい時期に対応しなければいけない業者が増えるのは嫌」とか「子どもが小さいのでギリギリまでエアコンが無いと困る」という方にはおすすめしません。

ただ、「引越しは何かと費用がかかるから、少しでも安くなる方法があるなら試したい」という方は絶対に利用すべきでしょう。

僕の場合は『引越し侍』という引っ越し一括見積もりサイトを利用したことで、自動的に『エアコンサポートセンター』から連絡がもらえましたが、『エアコンサポートセンター』単体で問い合わせすることも可能です。

ぜひ一度、話を聞いてみてください。

エアコンサポートセンターに問い合わせ

ちなみに、「エアコンの取り外し&取り付けだけじゃなくて引越し費用も抑えたい!」という方は『4人家族の引越しで初期10万円から半額の5万円まで値引きした交渉方法』で、僕が実施した交渉について紹介していますので合わせてご確認ください。

あわせて読みたい
4人家族の引越しで初期10万円から半額の5万円まで値引きした交渉方法引越し費用をできるだけ安く抑えたい! 引越しって本当にお金がかかりますよね。特に家族が増えて荷物が多くなると、一気に値段も跳ね上が...