リニューアル直後のためおかしな所があれば教えていただけると嬉しいです
34歳のマイホーム購入事情

Q&A方式でかんたん♪『住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?』

2冊めに買った書籍である『家を買って得する人、損する人』で、無理をしない住宅ローンを組む必要があると学びました。

そこで、「どんな住宅ローンを組むべきか?注意点は何か?」を学ぶために『住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?(著者:平井美穂)』という本を読んでみることに。

帯に書いてある「リスクを回避し、有利なローンを組む最良のチョイスが、ひと目でわかる!」というキャッチコピーにグサっと刺された感じです(笑)

今回は、『住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?』を読んで、「ココが分かりやすい!」と思ったポイントについてご紹介させていただきます。

 

「AとBのどっちが良い?」という二択式が分かりやすい

例えば、「年収の20%と30%、返済負担率はどっちが妥当?」という問いに対し、「『20%』に抑えたい。その理由は……」と回答してくれる。

この二択方式が、「自分だったらどっちに当てはまるかな?」と考えながら読めるので、ものすごく分かりやすいんです。

ちなみに「返済負担率」というのは、給与に対して毎月のローンがどれくらいの割合をしめているかを数値化したもので、年収によって25~40%くらいの間であれば銀行がお金を貸してくれます(例えば年収400万円くらいだと30%以下等)。

つまり、「銀行が貸してくれる最大の住宅ローンを組んでしまうと、支払いにものすごく苦労するかもしれないよ!」というわけですね。

 

「知っているつもりで間違っていること」に気付かされる

本書を読んで、「意外と『知っているつもり』だったことが多いな~」ということに気付かされました。

例えば、「スマホの本体代を分割で支払っているのはローンを組んでいるのと同じ」ということであったり、「『総合口座の自動融資サービス』を使えば、口座のお金が足りなくて引き落としされないトラブルを防げる」などなど。

住宅関係のお金は、「借金なんて1円も無い」と思っていたらローンが通らなくてすべてが水の泡になったり、たまたまお金を入れ忘れてローンを滞納してしまったことで別の銀行の住宅ローンの借り換えができなかったりと、知らないことによるマイナスがものすごく大きい……

幅広くお金について学ぶことは、本当に重要だと痛感しますね。

 

住宅ローンを計画的に返す必要性

僕は本書を読むまで、「住宅ローン = 莫大な借金」としか思っていませんでした。

頭金をできるだけ払って少ない額でローンを組み、どんどん繰り上げ返済をして、「1日も早くローンを完済するんだ!」みたいに。

しかし本書を読んで、「定年までに完済するために、自分の退職金がいくらか調べてみる」とか、「子どもの学費の支払いに困らないような繰り上げ返済をする」など、必要以上にプレッシャーに感じるのではなく、「何歳までに○○をする」と計画的に返済することが重要なんですね。

ローン控除や児童手当、固定資産税や修繕計画など、今後の自分の人生の資金計画をじっくりと建てようと思います。

 

まとめ

本書は「住宅ローン」を様々な角度から解説してくれます。

  • 予算の判断
  • 物件の選び方
  • 金融機関の選び方
  • ローン審査
  • 返済プラン

それぞれの場面において、どちらがお得かを根拠とともに提示してくれるので、自分のローンに関する知識がどんどん整理されていくのが分かるんです。

なので、「最初に読む1冊」というよりは、「何冊か読んだあとに自分の知識を整理するための1冊」として読むと、きっとあなたの役に立ってくれるでしょう。

ぜひ一度読んでみてくださいね。