34歳で購入したマイホーム

引っ越し一括見積もりサイトを利用するときの流れと3つの注意点

引越し業者の一括見積もりサイトってどうやって使えば良いの?

僕は引越しをするときは必ず、引越し業者の一括見積もりサイトを利用します。

正直なところ、見積もり依頼を出した途端にめちゃくちゃ電話がかかってきますし、訪問見積もりの対応もしなければいけないので手間がかかります……。

しかし、手間がかかる(むしろしっかり手間をかける)からこそ、引越し業者同士で価格を競わせて、最終的な引越し費用を安く抑えることができると考えています。

そこで今回は、僕がマイホームを購入して引越しすることになったときに利用した『引越し侍』というサイトを例に、引っ越し一括見積もりサイトの申し込みの流れと、利用するときの3つの注意点についてまとめてみました。

 

『引越し侍』とは

『引越し侍』とは、全国で200社以上の引越し業者と提携している引っ越し一括見積もりサイトで、申込み状況(現住所→引越し先の都道府県など)に合わせて最大で10社ほどの引越し業者に一括で見積もりを依頼することができます。

『引越し侍』の特徴としては

  • 大手から地元密着まで幅広い引っ越し業者をおさえている
  • 引っ越し業者が決定した場合、それ以外の業者への訪問中止の連絡を入れてくれる
  • 「引越しの準備物」などが記載された引っ越しガイドブック(冊子)がいろいろな手続きの抜け漏れ防止にすごく便利

ということで、一人暮らしのときから数えると5回中の4回は引越し侍を利用しています。

(1回目の引越しで大手1社だけ読んでひどい経験をしたので……)

 

『引越し侍』の申し込みの流れ

それでは、『引越し侍』への申し込みの流れについてご紹介します。

まずは『引越し侍』へアクセスして[一括見積もり]をクリック

「金額交渉はめんどくさい」とか「日程が決まっていて急ぐ」という方は、[今すぐネットで料金比較]の方を選択すると、家具などの条件を自分で入力したうえで、↓のような見積もりの一覧を確認できます。

あとはそのまま[ネット予約]するだけで手続き完了!

 

現在の住所と引越し先の住所を入力して[引っ越し希望日の入力に進む]をクリック

 

引っ越しの希望日や連絡先を入力して[家財の情報の入力に進む]をクリック

 

ベッドやソファー、冷蔵庫や洗濯機など、家具の種類や数を入力して[入力した内容を確認する]をクリック

(あくまで目安のため、ものすごく正確に入力する必要はありません。大物家具の個数だけ入力しておけばOKです)

 

入力した連絡先や引っ越し希望日に間違いが無いか確認して[同意して一括見積もりを依頼する]をクリック

※この時点で申し込み自体は完了なのですが、以下の作業をすることで、だいたいの引っ越し相場を確認することができます(あくまで概算だけど……)。

 

不用品の回収や新しいエアコンの購入割引など、様々な特典があるので好きなものを3つ選んで[希望したサービスを申し込み、次のページへ進む]をクリック

※特に必要無い場合は何も選択しなくてOK

 

ページ中ほどに見積もり相場が確認できる

 

引っ越し一括見積もりサイトを利用するときの注意点

電話対応できるタイミングで申し込む

一括見積もりの申し込みボタンを押した直後から、引っ越し業者から「正確な見積もりを提示するために、ぜひ訪問見積もりをさせて欲しい」と電話がはいりまくります。

なので、「ちょっと移動中に~」と軽い気持ちで申し込みをすると、何度もかかってくる電話に右往左往すること間違い無し。

絶対に、落ちついて電話ができるタイミングで一括見積もりをするようにしましょう。

 

かかってきた電話番号の電話帳登録をする

『引っ越し侍』の場合、10社ほどの引越し業者に一括で見積もりを申し込むことになります。そのため、0120(フリーダイヤル)の非常に似た番号から何件も電話がかかってくることになるでしょう。

「訪問見積もりを設定したけどちょっと都合が悪くなったから時間を調整したい」などといった場合に、どの番号がどの会社か分からなくなると、わざわざ電話番号を調べなければならなくなり非常に手間です。

電話を終えたタイミングで電話帳登録しておくことにより、どの番号がどの引越し業者か分かるようにしておくと、もしものトラブルのときに役立つでしょう。

 

予め訪問見積もりに対応可能な時間を洗い出しておく

引越し業者は必ず「訪問見積もりをさせてほしい」と言ってきます。

わざわざ訪問の対応をするのは手間ですが、引っ越し価格の交渉をするうえでも訪問見積もりは非常に重要です。

1社あたり短いところで30分、長いところで(価格交渉する場合)1時間くらいはかかるので、いつなら対応可能か予め自分の予定を調整しておきましょう

ちなみに、大手の引越し業者であれば「当日中に訪問見積もりに来たい」と言ってくることすらあります。(僕は17時ごろに一括見積もりの申し込みを行い、当日の夜に2社ほど対応しました)

 

まとめ

「電話対応が嫌」とか「訪問見積もりは面倒」という人には引っ越し一括見積もりサイトは向いていません。

しかし、「引越し費用を少しでも安く抑えたい!」という人にとっては、必須のサービスといえます。

ただし、ちゃんと準備してから申し込まないと、鳴り止まない携帯と訪問見積もりのプレッシャーに「めんどくさいからもうどこでも良いや!」と投げやりになってしまうかも……。

じっくりと価格交渉すれば、引越価格は確実に安くなります。うまく業者を競わせることができれば、引越し費用を半額にするも可能です。

実際の交渉方法については下記の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
4人家族の引越しで初期10万円から半額の5万円まで値引きした交渉方法引越し費用をできるだけ安く抑えたい! 引越しって本当にお金がかかりますよね。特に家族が増えて荷物が多くなると、一気に値段も跳ね上が...

しっかりと準備して、価格交渉してみましょう!